ごめんなさい。検索がアクティブな重要な部品番号または構成IDと一致しませんでした。

PCIe®の速度と制限

高速PCIe® NVMe® SSD製品ライン向けのCrucial System ScannerCrucial System Advisorは、最近リリースされた互換システムだけでなく、PCIe規格の以前のリビジョンを採用している旧型システムにも対応し、すべてのM.2 PCIe NVMe SSDを網羅しています。さらに、M.2ポートを備えていないシステムを、アフターマーケットのアダプタを使用して以前の標準で取り付けてアップグレードすることもできれば、アダプタ自体が規格に準拠している場合もあります。

Crucial SSDはこうした旧来の規格と後方互換性がありますが、期待どおりのパフォーマンスが得られない場合は、製造元から発行されている、ご使用のシステムまたはマザーボードのマニュアルでPCIeのリビジョンを確認することが重要です。規格が古い場合、またはPCIeインターフェースが使用するデータレーンが「M.2 PCIe®NVMe®SSDを最適化するためのBIOS/UEFIの設定」に記載されているよりも少ないシステムの場合は、帯域幅が半分以下に減少し、パフォーマンスが低下します。以下の表は、PCIeの生成とレーン数によるPCIeの理論上の最大速度の概要を示していますが、システムのオーバーヘッドやその他のハードウェア特性により、実測値はこれより15%程度低くなり、ストレージデバイス自体の定格速度を超えることはありません。

PCIeのリビジョン x1 レーン x2 レーン x4 レーン
1.0/1.1 250 MB/秒 500 MB/秒 1 GB/秒
2.0/2.1 500 MB/秒 1 GB/秒 2 GB/秒
3.0/3.1 1 GB/秒 2 GB/秒 4 GB/秒
4.0 2 GB/秒 4 GB/秒 8 GB/秒

©2020 Micron Technology, Inc. All rights reserved. 情報、製品および仕様は予告なく変更される場合があります。CrucialおよびMicron Technology, Inc.はいずれも、印刷や写真における不備またはエラーについて一切の責任を負いません。Micron、Micronのロゴ、Crucial、Crucialのロゴは、Micron Technology, Inc.の商標または登録商標です。PCI ExpressおよびPCIeはPCI-SIGの登録商標です。NVMeは、NVM Express, Inc.の登録商標です。その他全ての商標およびサービスマークは所有する各社に帰属します。