Filter by:

最適なウイルス対策ソフトウェアはどれ?

ウイルス対策ソフトウェアを利用する理由 スパイウェア対策ソフト、アドウェア対策ソフト、ランサムウェアでの防御はどうですか? 無料のウイルス対策ソフトウェアとサブスクリプション版の違いは?  ウイルス対策ソフトウェアが必要ですか? 最適なウイルス対策ソフトウェアとその選び方についての詳細は、こちらをご覧ください。

他のマルウェアはどうですか?

ハッカーは、ウイルスを作成するだけでは飽き足らなくなっています。スパイウェア、アドウェア、ランサムウェアなど、いろいろな脅威が存在します。これらの脅威は、一般的にマルウェアとして知られています。

スパイウェアは、インターネットの閲覧習性やログイン、銀行やクレジッドカードの情報など、パソコン利用に関する情報を取得します。スパムウェアのプログラムは、取得した情報を別のパソコンに送信して分析できるようにします。アドウェアは、大きなスパイウェアプログラムの一部であったり、独立したプログラムであったりします。合法的な製品に広告(アド)が組み込まれていることがありますが、アドウェアは悪意のあるソフトウェアで、インターネットを閲覧している際にウィンドウをポップアップ表示します。そのようなウィンドウは"閉じることができない"場合もあります。ランサムウェアは、パソコンの一部またはすべてのデータに対するアクセスをブロックしたり、データを公開すると脅したりして、身代金の支払いを要求するものです。通常、身代金は犯人の追跡を困難にするために仮想通貨で要求されます。

閲覧やダウンロードの習性によって、これらの脅威に対するリスクのレベルは異なります。優れたアンチウイルスプログラムは、スパイウェア対策、アドウェア対策、ランサムウェア対策を取り入れてユーザーの安全を守ります。パソコンを最新の状態に保つ方法の詳細はこちら。

デスクトップPCを攻撃するコンピューターウイルス。

無料版とサブスクリプション版の違いは?

無料版のウイルス対策アプリケーションは複数あります。また、ウイルス対策ソフトウェアの定期的なアップデートを提供するサブスクリプション型のサービスも複数存在します。

平均的なユーザーであれば、無料サービスだけで十分に用を足せます。このようなサービスは、攻撃方法が変化したり新しい攻撃が始まると、ソフトウェアのアップデートを送信してくれます。無料ソフトウェアの欠点は、一部のプログラムが不要なブロートウェアをインストールしてしまうことです。 

サブスクリプション型の購入サービスも十分に機能します。サービスに加入してソフトウェアをダウンロードすると、ソフトウェアがパソコンを保護し、インターネット閲覧中にも定期的なチェックを実施して、パソコンの安全を守ります。サブスクリプション版サービスの欠点は年間費がかかることです。

ウイルス対策ソフトウェアは必要でしょうか?

これは複雑な問題になりつつあります。コンピューターウイルスは、お金にならないため、それほど大きな脅威ではなくなってきています。しかしウイルス対策ソフトは、パソコンを感染させる可能性のある様々なマルウェアを総合的に対策するようになってきています。ソフトウェアには多数のバージョンが存在するため、パソコンに最適なウイルス対策ソフトウェアを選ぶのが難しいことがあります。

Microsoft® Windows® 8.1以降が稼働するパソコンの場合、Windows Defenderと呼ばれるウイルス対策ソフトウェアが付属しています。このプログラムはOSに無料で追加され、ほぼ全ての攻撃に対して高い防御力を備えています。

Microsoft® Windows®8.1以前が稼働するパソコンの場合は、ウイルス対策が必要になります。Microsoftは、Windows 8.1より前のバージョンのWindows Defenderを販売していました。

Mac®をお使いの場合は、ウイルス対策が必要になります。従来Macは、ウイルスに対して安全でしたが、ハッカーが別の分野にも手を広げるようになっており、またMac人気も手伝って、ウイルスに晒されるリスクが高くなってきています。

パソコンを保護するには、プリインストールされたプログラムであれ、無料ソフトウェアであれ、サブスクリプション型の購入サービスであれ、ウイルス対策ソフトウェアを常に実行する必要があります。


©2018 Micron Technology, Inc. All rights reserved. 情報、製品および仕様は予告なく変更される場合があります。CrucialおよびMicron Technology, Inc.はいずれも、印刷または写真における不備またはエラーについて一切の責任を負いません。Micron、Micronのロゴ、Crucial、Crucialのロゴは、Micron Technology, Inc.の商標または登録商標です。MicrosoftおよびWindowsは、Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。Macは、米国およびその他の国で登録されたApple, Inc.の商標です。その他の商標およびサービスマークはすべて、その所有者に帰属します。