Filter by:

デュアルチャネルメモリとは?

デュアルチャネルRAMは、マルチチャネルメモリの一種です。すべての種類のマルチチャネルRAMは、メモリとメモリコントローラの間にさらなる通信チャネルを追加することで、データ転送速度を増加します。

マルチチャネルRAMの仕組み

メモリモジュール上のRAMは、バスを使用する中央処理装置(別称:CPUまたはプロセッサ)上のメモリコントローラを介して、パソコンの他のすべての部分と通信を行います。 コントローラによっては、メモリモジュールと通信するためのチャネルを複数持つものがあります。これにより、データを複数のチャネルで送信できるため、より高速なデータ交換が可能になります。コントローラには、チャネルの数が1つのもの、2つのもの(デュアルチャネル)、4つのもの(クワッドチャネル)、6つのもの、8つのものがあります。通常、6つのチャネルと8つのチャネルのアーキテクチャはサーバー用に設計されます。

トリプルチャネルのアーキテクチャを稼働するマザーボードもいくつか存在します。トリプルチャネルアーキテクチャはインターリーブも使用します。これは、メモリアドレスを所定の順序でメモリに割り当てる技法です。

デュアルチャネルアーキテクチャは、当初、2つの64ビットバスを単一の128ビットバスに結合する設計がなされていました。これは、後にギャングドモデルと呼ばれる設計です。しかしこのモデルでは、パフォーマンス向上は十分に得られませんでした。メーカーは、独立した2つのバスの方が大きなパフォーマンス向上効果を発揮することを発見したため、最新のプロセッサーにはデフォルトでアンギャングドモデルが採用されています。

メモリモジュールがシングルチャネルとデュアルチャネルの両方を使用してCPUと通信する仕組みを示す図

他に必要なハードウェアは?

マルチチャネルメモリを十分に活用するには、プロセッサにマルチチャネルアーキテクチャをサポートするメモリコントローラーを装備する必要があり、マザーボードもそのアーキテクチャをサポートする必要があります。さらに、複数のRAMモジュールをグループとし、そのモジュールの数をマルチチャネルのレベルに一致させる必要があります。例えば、デュアルチャネルにはペアのモジュール、クワッドチャネルには4つのモジュールが必要になるという具合です。多くの場合、マルチチャンネルをサポートするマザーボードのメモリスロットは色で分類され、確実に対応するモジュールが取り付けられるようにしてあります。ほとんどのDRAMメーカーは、メモリモジュールの容量、速度、レイテンシー、チップとサイドの数、行と列のサイズが一致するように、メモリをキットで販売します。マルチチャネルを十分に活用するためには、RAMは、お使いのマザーボード、プロセッサと互換性のあるキットで購入することが最善です。一致しないメモリモジュールを取り付けた場合にも通常は機能はしますが、最も遅いモジュールの仕様で機能することになります。 

最大の成果を得るために、Crucial® Advisor™ツールまたはSystem Scannerツールを利用して、お使いのマザーボードに最適な互換キットを見つけてください。メモリ取り付け方法の詳細を見る。

結論

パソコンの速度を大幅に向上することを検討している場合、マルチチャネルアーキテクチャで実現できます。しかし、その速度に対応できる適合性を備えたハードウェアは、かなりの投資となります。


©2018 Micron Technology, Inc. All rights reserved. 情報、製品および仕様は予告なく変更される場合があります。CrucialおよびMicron Technology, Inc.はいずれも、印刷または写真における不備またはエラーについて一切の責任を負いません。Micron、Micronのロゴ、Crucial、CrucialのロゴはMicron Technology, Inc.の商標または登録商標です。その他の商標およびサービスマークはすべて、その所有者に帰属します。