ごめんなさい。検索がアクティブな重要な部品番号または構成IDと一致しませんでした。

古いパソコンを廃棄する方法

古いパソコンを廃棄する方法をご存知ですか? 毎年パソコンをはじめとする多くの電子機器が廃棄の対象になりますが、パソコンの処分方法はあまり知られていません。ゴミ箱に捨てればいいというものではありません。古いパソコンを廃棄するには適切な方法があります。古いパソコンをリサイクルすることで、大気汚染やエネルギー消費を低減できる場合があります。まだ寿命が残っていれば、リパーパスしたり、寄付することもできます。

電子機器には、金やパラディウム、銅、レアアース元素などの貴重な資源が含まれています。また、パソコン機器には、鉛、水銀、カドミウムなど、地下水に混入したり焼却されたりすると健康被害を及ぼす物質が含まれます。一般的には、廃棄物の量を減らすことは良いことです。

パソコンを廃棄する前に、本当に処分する必要があるかどうかをよく考えてみてください。パソコンのアップグレードまたは交換が必要かどうかを確認するために役立つ当社のガイドをご覧ください。多くの場合、アップグレードをすれば、見違えるようにパソコンがスピードアップし、最新化されます。しかし、老朽化したパソコンはリパーパス、寄付、または廃棄してリサイクルする以外にほぼ使い道はありません。

モニターやマウス、キーボード、CPUを含むパソコンのコンポーネントはリサイクル資源ゴミとして廃棄されます。

セキュリティに関する懸念

パソコンを処分する前に、機密情報や個人を特定できる情報をすべてストレージドライブから永続的に削除しておく必要があります。また削除する前に、必要なファイルをすべて新しいデバイスに移動することも忘れないでください。情報を削除すると、すべてのファイルが利用できなくなります。ストレージドライブを廃棄することで情報の安全性が保証されることはありません。必ずデータを削除する工程を踏む必要があります。

ストレージドライブからデータを消去するには、いくつかの方法があります。1つは、ドライブを物理的に破壊することです。HDDの場合、ドライブをシュレッドしてくれる施設を見つけるのは難しいかもしれません。しかし、それによってドライブのすべてのデータを復旧不能にすることができます。SSDの場合、ドライブをシュレッドする機械は比較的簡単に見つかります。地域によっては、文書をシュレッドする企業がストレージドライブのシュレッドも可能な場合があります。

電気ノコギリか粉砕機で破壊されているディスクドライブ

ストレージドライブの全情報を上書きするソフトウェアを購入または無料で入手することもできます。その場合、そのようなソフトウェアと提供企業を独自に調査し、ソフトウェアがあなたのニーズを満たすかどうかを慎重に判断してください。ソフトウェアは、国防総省の5220.22-M規格に準拠している必要があります。ハードドライブのデータ消去の詳細について読む。

古いパソコンのリパーパス

多くの場合、コンポーネントは、あるいはパソコン全体であっても、別の用途に再活用することができます。古いストレージドライブは全データを消去すれば、バックアップ用や予備の外部ドライブとして使用することができます。古いパソコンはホームサーバーとして使用することで、ホームストリーミングのような家電製品をネットワークに接続できるようになります。

古いパソコンの寄付

電化製品がまだ使用可能な状態であれば、慈善事業などに寄付することもご検討ください。慈善団体の多くは、古い電子機器を活用してくれます。非営利組織がパソコンやコンポーネントを引き取り、愛好家に販売したり、リサイクルしたりするケースもあります。気に入った非営利組織に連絡して、処分するパソコンが役に立ちそうか尋ねてみてください。

古いパソコンのリサイクル

お住まいの地域によっては、パソコンのリサイクル方法が複数ある場合があります。このような組織は、しばしばトラックを出して家電製品を回収します。大量のリサイクルを効率よく行います。

パソコンを含む電子廃棄物は、リサイクル資源ゴミとして廃棄されます。

地域によっては、電子機器を安全に廃棄するために処分場を設置している場合もあります。多くの場合、このような施設は、自治体の衛生埋立地やゴミ回収、リサイクル組織と協力体制を敷いています。回収期間や回収場所が限定される可能性もあるので、事前に調べておく必要があります。

パソコンをそのままゴミ箱に捨てることはしないでください。ゴミの量を増やすだけでなく、パソコンの自作に役立つ部品を捨ててしまったり、有害な重金属を環境に廃棄することになります。


©2018 Micron Technology, Inc. All rights reserved. 情報、製品および仕様は予告なく変更される場合があります。CrucialとMicron Technology, Inc.はいずれも、印刷物または写真における不備または誤りについて一切の責任を負いません。Micron、Micronのロゴ、Crucial、CrucialのロゴはMicron Technology, Inc.の商標または登録商標です。その他の商標およびサービスマークはすべて、その所有者に帰属します。