ごめんなさい。検索がアクティブな重要な部品番号または構成IDと一致しませんでした。

Crucial MX500ファームウェアアップデート

バージョンM3CR033(すべてのフォームファクタ)

リリース日(2020年9月22日)

このファームウェアアップデートは以下の事項に対応しています。

このファームウェアによりMX500 SSDのバージョンがM3CR032からM3CR033に更新されます。SSDのバージョンがM3CR032でない場合は、このファームウェアアップデートは適用されず、また必要もありません。M3CR033での変更内容は、次のとおりです。

  • 一部のデータセンターのRAIDシステムで起動の障害を招くSATAプロトコルエラーの修正
  • 予期しない電力消失後起動時間の改善
  • セキュア消去の中断後にRead DMAコマンドが終了する障害の修正

警告:このファームウェアアップデートを実行する前に、すべての重要なファイルのバックアップまたはコピーの作成を行うことが強く推奨されます。このファームウェアアップデートは、すべてユーザーの責任で行ってください。正しく実行した場合、現在ドライブに保存されているシステムまたはユーザーデータが損失することはありません。ただし、ファームウェアのプロセスが中断された場合、SSDが適切に動作しなくなる可能性があります。ノートパソコンでファームウェアアップデートを実行する場合、中断を防ぐためコンピューターを電源に接続することをお勧めします。

Crucial Storage Executive (version 5.02) - Optimize and update your Crucial SSD on Microsoft Windows computers.

Crucial Storage Executive

最適化および更新ユーティリティ

Storage Executiveは、MicrosoftWindowsコンピューター上のCrucialSSDを最適化および更新します。サポートされているドライブ:P1、P2、P5、MXシリーズ、BXシリーズ。

Storage Executiveは64ビットシステムでのみ使用可能です。

取り付けおよび保証

SSD簡単取り付けガイド

ステップバイステップのガイドで簡単に取り付け。

1. 準備

2. Acronisによるクローン作成

3. ソリッドステートドライブの取り付け

4. Crucial Storage Executiveの取り付け

データの転送

既存のハードドライブのクローンを作成すると、Microsoft WindowsパソコンへのSSDの取り付けが簡単に行えます。
既存のデータを転送すると、MacOSパソコンへのSSDの取り付けが簡単に行えます。