Crucial M4 mSATA SSDファームウェアアップデート

バージョン07MH - Windows® 7更新プログラム 

リリース日(2013年3月26日)

バージョン07MH - Windows® 8更新プログラム

リリース日(2013年3月26日)

バージョン07MH - WindowsおよびMac®用手動ブートファイル

リリース日(2013年3月26日)

Window 7用インストラクションガイド
Window 8用インストラクションガイド
ブートファイル インストラクションガイド

M4 SSDのファームウェアがバージョン04MHから07MHにアップデートされました。

現在04MH以前のファームウェアリリースをご利用の場合はファームウェア07MHが推奨されます。対象バージョンの漸進的な改良および洗練により全体的な操作性の向上を実現しています。

最新のファームウェアバージョンと同様、バージョン07MHはWindows 8および新しいUltraBookシステム専用のバージョン000Fに対する改良を施していますが、Windows 7およびその他のオペレーティングシステム上で動作するシステムも改良されている場合があります。このアップデートによる性能の向上なしでも、m4ファームウェアバージョンはWindows 8で正常に動作します。

07MHの04MHからの変更点の概要を以下に示します。変更内容はオペレーティングシステムを問いません。

  • 電源投入のタイミングによりドライブがハングし、ホストコンピューターとの通信が不安定になる問題を解決しました。通常、このハング状態は電源投入時、あるいはスリープまたは休止状態からの復帰時に発生します。多くの場合、電源を切ってから再投入すると正常に動作を続行できます。この故障モードは工場試験で確認され、製品出荷の際には存在していたと考えられます。この修正は、予防措置としてすべての新規ビルド、すべてのフォームファクタを対象に実装されています。起動時のエラー発生を防ぐため、この修正を実装することが推奨されます。現時点では、この問題に関連する返品は確認されていません。通常、このタイプのエラーはシステムのリセットによって回復できます。

詳細はファームウェアガイドをご覧ください。

警告:このアップデートを実行する前に、すべての重要なファイルのバックアップまたはコピーの作成を行うことが強く推奨されます。このファームウェアアップデートは、すべてユーザーの責任で行ってください。正しく実行した場合、現在ドライブに保存されているシステムまたはユーザーデータが損失することはありません。ただし、ファームウェアのプロセスが中断された場合、SSDが適切に動作しなくなる可能性があります。ノートパソコンでファームウェアアップデートを実行する場合、中断を防ぐためコンピューターを電源に接続することをお勧めします。

Crucial Storage Executive (version 5.02) - Optimize and update your Crucial SSD on Microsoft Windows computers.

Crucial Storage Executive (version 5.09)

Optimization and update utility

Storage Executive optimizes and updates your Crucial SSDs on Microsoft Windows computers. Supported drives: P1, MX series, BX series.

Storage Executiveは64ビットシステムでのみ使用可能です。

取り付けおよび保証

SSD簡単取り付けガイド

ステップバイステップのガイドで簡単に取り付け。

1. 準備

2. Acronisによるクローン作成

3. ソリッドステートドライブの取り付け

4. Crucial Storage Executiveの取り付け

データの転送

既存のハードドライブのクローンを作成すると、Microsoft WindowsパソコンへのSSDの取り付けが簡単に行えます。
既存のデータを転送すると、MacOSパソコンへのSSDの取り付けが簡単に行えます。

ライブチャット
チャットオフライン