ごめんなさい。検索がアクティブな重要な部品番号または構成IDと一致しませんでした。

iPad ProでCrucial X6 Portable SSDやX8 Portable SSDを使用する方法

iPad®は便利で手軽、仕事に必要な場合も多いですが、ストレージの面では不足があります。iPadOS™のリリースにより、外付けストレージドライブを取り付けることができるようになり、保存してアクセスできるファイルを増やし、iPads®の機能をノートパソコンに近付けることが可能になりました。X6 Portable SSDやX8 Portable SSDとiPad Pro®をペアリングすれば、写真、動画、アプリといったデータを相互に移して使えるように。また、Apple®専用アプリを使用しなくても、サードパーティアプリでSSDからiPadに直接インポートすることもできます。

 

Portable SSDでiPad Proのストレージを拡張する

手順1. X6またはX8をiPad Proに接続する

2018年より前のiPadモデルでLightning®コネクターを使用する場合は、まずUCB-Cポートまたはアダプタを使用してiPad ProにCrucial Portable SSDを接続します。最初に、USB-Cケーブルの一方の端をドライブに差し込みます。次に、もう一方の端をUSB-CポートまたはLightningコネクターに接続し、LightningアダプタをiPad Proに接続します。

注:USB-Aアダプタを使用する場合は、アダプタのアライメントマークがケーブルのアライメントマークと一致していることを確認してください。マークが揃っていないと、ドライブの読み込みおよび書き込み性能は低下します。

手順2. ファイルアプリを開いて参照する

ファイルアプリを見つけて開きます。開いたら、サイドバーでCrucial X6まはたX8 Portable SSDを見つけて開きます。

手順3. Crucial X6またはX8からiPad Proにファイルを移動する

iPad Proに転送するCrucial Portable SSD内のファイルのいずれかをクリックします。次に、[Move(移動)]を選択し、iPadで保存先を選択します。次に、[Copy(コピー)]を選択します。

手順4. iPad ProからCrucial X8にファイルを移動する

ファイルアプリに移動し、サイドバーでCrucialドライブを選択します。Crucial X6またはX8でファイルの移動先フォルダーを選択します。これでオーディオ、動画、写真など、移動するすべてのファイルを選択できるようになります。最後に、[Copy(コピー)]を選択して、ファイルをCrucial Portable SSDに移動します。

まとめ

iPad OSで外部ストレージデバイス接続が可能になり、iPad Proはこれまで以上に便利になりました。X6 Portable SSDやX8 Portable SSDと組み合わせれば、どんな作業にも対応できるストレージ容量も叶います。