CPUのメモリ対応の制限について

特定のマザーボードまたはシステムについてサポートされる最大メモリ速度を考える際、CPUを考慮することを忘れがちです。最近のCPUはメモリコントローラを内蔵しているため、CPUの種類によってサポートするメモリ速度が異なります。マザーボードが最大2133MT/秒(メガトランスファ毎秒)のDDR3に対応していても、多くのCPUはデフォルトではこのメモリ速度に対応していません。サーバーやワークステーションで見られるように、CPUの種類によってはより高度なECCメモリに対応している場合もあります。 

CPU間の違いを示すため、旧世代のi7-2637Mの例を紹介します。Intel®のウェブサイトで下にスクロールしてCPUのメモリ仕様のセクションを見ると、サポートされる最大メモリは合計でわずか8GB、速度は1066/1333 MT/秒のDDR3です。このCPUに対して1600 MT秒のCrucial®メモリを搭載した場合、メモリはCPUが対応する最高速度の/1333 MT/秒までダウンクロックすると想定する必要があります。

メモリとパソコンの仕様の画像

i7-6660Kなどの比較的最近のCPUでは最大64GBのRAMに対応可能で、DDR4の追加サポートにより最大2133 MT/秒、DDR3Lのサポートで最大1600 MT/秒の速度に対応します。このCPUが最大2133 MT/秒のDDR4に対応可能であるからといって、DDR3の速度にも対応するとは限りません。したがってDDRの種類が示す意味に十分注意してください。

この情報がある場所

この情報を確認するには、CPUの型番を参照してください。CPUの型番が不明な場合、購入時の送り状、CPUが梱包されていた箱、システムBIOSの表示にもこの情報が記載されています。またはWindows®の[システム情報]を開くと、以下のようなCPU情報が表示されます。

Intel CPUの場合:ウェブ検索でCPUの型番を入力すると、通常は最初の検索結果にIntelウェブサイトのデータシートが表示されます。表示されなければ、Intelのページで型番を直接検索できます。Intelのデータページで下にスクロールすると、[Memory Specifications]のセクションに関連する情報が見つかります。 

AMD® CPUの場合AMDは各種CPUと対応するメモリ速度を分類したガイドライン記事を提供しています。または、CPUbossやCPU-worldなどのサードパーティのCPUウェブサイトもAMDの個別CPUに関する情報を提供しています。

CPUが対応していない速度でも、公表されているXMPの速度をBallistix ®メモリで出すことは可能か?

お使いのCPUにXMPプロファイルでBallistixメモリをネイティブ実行する機能がなくても、CPUバスをオーバークロックすることによってこの速度を実現できる場合があります。オーバークロックでCPUの実行速度を速くすることにより、CPU内のメモリコントローラが対応可能なメモリの速度も当然のように増します。CPUのオーバークロックに関して不明な点がある場合は、オンラインリソースを参照する必要があります。BIOSの詳細設定の操作については、必ずマザーボードのマニュアルを参照してください。オーバークロックの実行はユーザー自身の責任となりますので、必ず調査して十分な自信がついてから行ってください。

©2019 Micron Technology, Inc. All rights reserved. 情報、製品および仕様は予告なく変更される場合があります。CrucialおよびMicron Technology, Inc.はいずれも、印刷または写真における不備またはエラーについて一切の責任を負いません。Micron、Micronのロゴ、Crucial、Crucialのロゴは、Micron Technology, Inc.の商標または登録商標です。Intelは、Intel Corporation、または米国およびその他の国のその子会社の商標です。Windowsは、Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標です。AMDは、AMD Corporationまたはその子会社の米国およびその他の国における商標です。その他の商標およびサービスマークはすべて、その所有者に帰属します。 


ライブチャット
チャットオフライン