XMPとは

コンピューターにメモリを取り付ける場合、メモリ実行の速度とタイミングに規格が定められています。この規格はJEDECと呼ばれます。DDR4メモリにDDR4-2133、DDR4-2400、DDR4-2666、DDR4-3000などの速度が表示されているのはこのためです。これらはすべてのメモリメーカーが準拠している速度規格です。

JEDEC以外にも、メモリの実行速度を定義することができる規格としてXMPがあります。エクストリームメモリプロファイル(XMP)は元々Intel®が策定した規格ですが、現在では高性能デスクトップメモリを製造するすべてのメモリメーカーによって採用されています。XMPはJEDECと比べて高性能で、通常は特定のメモリ要件に応じて微調整されています。XMP対応メモリを購入する場合は、XMP対応マザーボード、およびそのメモリの速度に対応しているCPUを組み合わせる必要があります。通常、XMPはBIOS設定で手動で有効化する必要があります。

XMPメモリをXMP非対応のマザーボードに取り付けた場合やXMPが有効化されていない場合には、メモリはコンピューターが判別したJEDECタイミングで動作します。Ballistix®メモリでは、多くの場合、これはメモリが2番めに低速な動作にクロックダウンすることを意味します。1対のDDR4-3000 Ballistix Eliteメモリは、XMPが例のとおりに実行されていない場合はDDR4-2400の速度で動作し、そうでない場合は3000の速度で動作することが可能ですが、レイテンシーが長くなります。Crucialのメモリのほとんどは複数の速度設定で動作するように設計されているため、これで全く問題ありません。お使いのメモリがCrucialのウェブサイトに記載されている周波数またはタイミングに対応していなくても、多くの場合はこうしたパラメータで問題なく動作します。

©2019 Micron Technology, Inc. All rights reserved. 情報、製品および仕様は予告なく変更される場合があります。CrucialおよびMicron Technology, Inc.はいずれも、印刷または写真における不備またはエラーについて一切の責任を負いません。Micron、Micronのロゴ、Ballistix、Crucial、Crucialのロゴは、Micron Technology, Inc.の商標または登録商標です。Intelは、Intel Corporation、または米国およびその他の国のその子会社の商標です。その他の商標およびサービスマークはすべて、その所有者に帰属します。 


ライブチャット
チャットオフライン