ごめんなさい。検索がアクティブな重要な部品番号または構成IDと一致しませんでした。

XMPとは

システムに取り付けたメモリの動作速度とタイミングは、一連の値がJEDECと呼ばれる規格で定められています。DDR4メモリにはDDR4-2133、DDR4-2400、DDR4-2666、DDR4-3000などの速度があるのはこのためです。これらは、すべてのメモリメーカーが準拠している、標準化された速度です。

JEDEC以外にもメモリの速度を定めた規格があり、それがエクストリームメモリプロファイル(XMP)です。オリジナルのXMPを策定したのはIntel®で、現在は高性能デスクトップメモリのすべてのメーカーが採用しています。XMPの規定する速度はJEDECよりさらに高いパフォーマンスをもたらすものになっており、各メモリの特定のニーズによってチューニングを行うことが少なくありません。XMP互換メモリを購入する際には、XMP互換マザーボード、メモリの速度に対応したCPUと共に購入する必要があります。通常は、BIOSの設定でXMPを有効にする必要があります。

XMPメモリを取り付ける手順

XMP非対応のマザーボードや、XMPを有効にしていないマザーボードにXMPメモリを取り付けると、コンピューターによって決まるJEDEC対応のタイミングで動作します。Ballistix®メモリの場合は、次に低い速度にダウンクロックされてしまうことが多いです。例として、XMPによらない動作の場合において、DDR4-3000 Ballistix EliteメモリのペアをDDR4-2400の速度で動作させることもできますし、また、3000の速度で動作させることもできますが、この場合レイテンシーは大きくなります。当社のメモリの大部分は複数の速度設定に対応しているため、これらすべての動作に問題はありません。お買い上げのメモリは当社のウェブサイトに掲載されている周波数またはタイミング以外であっても、その範囲内であれば問題なく動作します。

一部のASUSマザーボードに搭載されているDOCPや、一部のGigabyteマザーボードのEOCPなど、XMPプロファイルを採用した同等の機能が存在していますが、これらの機能もXMPメモリに対応しています。

©2019 Micron Technology, Inc. All rights reserved.情報、製品および仕様は予告なく変更される場合があります。CrucialおよびMicron Technology, Inc.は両者とも、印刷や写真における誤記や脱落について一切の責任を負いません。Micron、Micronのロゴ、Ballistix、Crucial、Crucialのロゴは、Micron Technology, Inc.の商標または登録商標です。Intelは、Intel Corporation、または米国およびその他の国のその子会社の商標です。その他の商標はすべて、それぞれの所有者に帰属します。