メモリチップの密度の概要

メモリチップ密度とは

メモリモジュールの密度は、メモリモジュールを構成する黒い小型のDRAMチップによって識別されます。モジュールのチップ数が少ないほど密度が高くなります。高密度のモジュールは、処理する速度と情報量の点では低密度のモジュールと同じですが、使用するチップ数が少ないという点で異なります。コンポーネントが少ないほどメーカーにとっては低コストになるというメリットがありますが、エンドユーザーには性能の違いは実感できません。

高密度または低密度のメモリは所有している元のメモリと共存できるか?

お使いのシステムはどちらのタイプにも問題なく対応する可能性が高く、Crucialでは両方のタイプのメモリを販売しています。ただし、新しいメモリと既存のメモリが混在する場合、一致するメモリモジュールをなるべく近くに配置することをお勧めします。一般的にはあまり見られないことですが、高密度のモジュールと低密度のモジュールを混在させると非互換性の問題が生じる可能性があります。最適なパフォーマンスを得るには、なるべく元のメモリと一致したメモリを近くに配置することをお勧めします。

高密度と低密度では どちらがおすすめ?

エンドユーザーにとっては性能上の違いはありません。これはタイヤのラグパターンに例えることができます。タイヤの機能は同じでも、製造方法が異なります。考慮すべきことは、お使いのコンピューターに対応しているのはどちらのタイプかということだけです。System Scannerツールで推奨されているすべてのメモリは、Crucial.comでご注文いただくと、お使いのシステムとの互換性が保証されます。System Scannerを使ったことがない方は、こちらで入手できます。

高密度と低密度のどちらを 購入すべきか?

必ずお使いのシステムでサポートされているメモリを購入する必要があります。この場合は、お使いのシステムと互換性があるタイプを購入してください。両方のタイプがリストに記載されている場合は、どちらのタイプも互換性がありますが、最適なパフォーマンスを得るため、可能な限り搭載されているメモリと一致したメモリのご購入をお勧めします。

©2019 Micron Technology, Inc. All rights reserved. 情報、製品および仕様は予告なく変更される場合があります。CrucialおよびMicron Technology, Inc.はいずれも、印刷または写真における不備またはエラーについて一切の責任を負いません。Micron、Micronのロゴ、Crucial、CrucialのロゴはMicron Technology, Inc.の商標または登録商標です。その他の商標およびサービスマークはすべて、その所有者に帰属します。


ライブチャット
チャットオフライン