Filter by:

TrimとSSDのパフォーマンス:Trimが重要な理由

最近、Trimの機能とCrucial® SSDとの関連について複数の問い合わせがありました。Trimとは、要するにデータブロックの再利用を準備することによってSSDの効率を高める機能です。 

Trimとデータブロック

ハードドライブおよびSSDのデータはブロック単位で保存されます。各データブロックには複数ファイルのデータが存在し、必要に応じて分割されている場合があります。たとえば、ユーザーがOS内のファイルを削除すると、ハードドライブではその特定ファイルの情報のみがデータブロックから削除されます。コンピューターのファイルシステムでファイルを削除すると、ブロック上のデータは次にそのブロックが必要になるときまでブロックに保持されます。そのブロックが必要になった時点で、ブロックの該当部分から特定のデータを速やかに削除し、そこに新しいファイルを書き込みます。基本的に、ハードドライブでは、データブロック全体のデータを削除する必要はなく、データブロックの一部から情報を削除することができます。

これに対し、SSDの場合は、再利用する前にデータブロック全体を削除する必要があります。SSDは、データブロックをクリアする際、ブロックのすべての情報のコピーをキャッシュに保存して必要な変更を行います。その後、元のブロックのすべてのデータを削除し、最初に書き込もうとした新しいデータを書き込みます。

このような手順を実行すると、当然、単純に空のブロックにデータを書き込むよりはるかに時間がかかります。これを意識して、SSDでは単純に空のブロックを探してそこに書き込みます。ドライブに空き領域がある間はこれでうまく機能しますが、すべてのブロックがいっぱいになると、ブロックを削除して再利用を始める以外にないので、その場合にはSSDの書き込み速度は低下します。この問題は、Trim(以前に使用したデータブロックのクリアをSSDに指示する機能)で解消できます。Trimを使用すると、SSDのファイルシステムで次にブロックへの書き込みの必要が生じたときにブロックは既に空になっていて、使用する準備ができています。

Crucial SSDとTrim/ガベージコレクション

すべてのOSがTrimをサポートしているとは限らないので、Crucial SSDにはアクティブガベージコレクションと呼ばれる特別な機能が用意されています。アクティブガベージコレクションは、使われなくなったメモリセクターを解放することで、SSDが最適なパフォーマンスを維持できるようにするプロセスです。ガベージコレクションは、SSD自体に組み込まれており、コンピューターのOSには依存しません。ガベージコレクションはSSDのファームウェアの一部であるため、使用されているコンピューターのOSやファイルシステムに関係なく機能します。

注:ガベージコレクションはCrucial SSDがアイドル状態の場合にのみ動作するため、アイドル状態のときにスリープにならないようにシステムを構成してください。ガベージコレクションの処理に時間がかかるとしても、ときどきアイドル状態になる場合には、Crucial SSDは長期間にわたり高レベルのパフォーマンスを維持します。

©2019 Micron Technology, Inc. All rights reserved. 情報、製品および仕様は予告なく変更される場合があります。CrucialおよびMicron Technology, Inc.はいずれも、印刷または写真における不備またはエラーについて一切の責任を負いません。Micron、Micronのロゴ、Crucial、CrucialのロゴはMicron Technology, Inc.の商標または登録商標です。その他の商標およびサービスマークはすべて、その所有者に帰属します。