Filter by:

3つのSSDフォームファクタ:2.5インチ、mSATA、M.2

どのタイプのSSDを選べばよいのかわからないとお困りですか。Crucial SSDには3つのフォームファクタ(タイプ)があります。3つのSSDを比較してその違いを見てみましょう。

SSDの標準フォームファクタは、コンピューターのハードディスクベイにフィットする2.5インチです。多くのユーザーがハードディスクをSSDと交換するため、2.5インチドライブは、既存のハードディスクを取り外し、同じ接続を使ってSSDを取り付けられるようになっています。

小さめのSSDフォームファクタはmSATAといいます。Crucial mSATA SSDは、当社標準の2.5インチドライブの8分の1の大きさで、システムのマザーボードのmSATAソケットに差し込むように設計されています。

もう1つの小さいSSDフォームファクタはM.2というもので、チューインガムほどの大きさです。Crucial M.2 SSDはスペースの制約があるタブレットやUltrabook向けに設計されています。

お使いのシステムと互換性のあるCrucial SSDのタイプを確認するには、System Scannerツールをご利用ください。ほんの数クリックで適したタイプが見つかります。こちらの詳細をご確認いただき、ご検討にお役立てください。

  2.5インチSSD mSATA SSD M.2 SSD
特徴と機能 同じ 同じ 同じ
取り付け SATAケーブル(ハードディスクベイ内) mSATAソケット(マザーボード上) M.2ソケット(マザーボード上)
最適 ノートブック、デスクトップ、サーバー 超薄型ノートブック、Intel® NUCシステム、ミニITXマザーボード、mSATAソケットのあるデスクトップ タブレットおよびUltrabook
対象用途 プライマリまたはセカンダリストレージ 上記システムのプライマリストレージ、セカンダリストレージ(キャッシュドライブ) タブレットおよびUltrabookのプライマリストレージ