Filter by:

ドライブのチェックディスクをスケジュールする方法

Windows®チェックディスク(CHKDSK)は、Windows®の問題の原因となるドライブ上の情報に関する問題や新しいSSDへのイメージのクローン作成に関する問題を修復するための高機能なツールです。ドライブのチェックディスクをスケジュールするには、以下の手順に従います。

  1. コマンドプロンプトを読み込んで、管理者権限で実行していることを確認します。Windows 8およびWindows 10の場合、デスクトップ画面の左下のWindowsアイコンを右クリックし、[コマンド プロンプト(管理者)]をクリックします。Windows 7の場合は、[コマンド プロンプト]へのリンクを右クリックし、[管理者として実行]を選択します。 

  1. コマンドプロンプトが読み込まれたら、「chkdsk C: /r」と入力してEnterキーを押します。別のデバイスをチェックする場合はC:を別のドライブに変更できますが、多くの場合はC:ドライブがターゲットになります。

  1. 次回コンピューターを再起動したときにボリュームを修復するようにスケジュールするかどうかを確認するメッセージが表示されます。修復をスケジュールする場合は「Y」を入力し、準備ができたらコンピューターを再起動します。チェックディスクはボリュームのサイズやエラーの数によっては数時間かかることがあるので、コンピューターにアクセスする必要がないときに実行することをお勧めします。システムの再起動後に何らかのキーを押す必要はありません。チェックディスクが自動的に行われ、完了するとシステムは正常に起動します。

©2019 Micron Technology, Inc. All rights reserved. 情報、製品および仕様は予告なく変更される場合があります。CrucialおよびMicron Technology, Inc.はいずれも、印刷または写真における不備またはエラーについて一切の責任を負いません。Micron、Micronのロゴ、Crucial、Crucialのロゴは、Micron Technology, Inc.の商標または登録商標です。Windowsは、Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標です。その他の商標およびサービスマークはすべて、その所有者に帰属します。