Filter by:

フォルダーにパスワードを設定する方法

コンピューターを他のユーザーと共有する場合は、一部文書を機密保護する必要があるかもしれません。コンピューターが実行しているMicrosoft® Windows®のバージョンによって異なりますが、そのための方法はいくつかあります。コンピューターが実行しているWindowsシステムが不明な場合は、こちらをご覧ください。 

コンピューターを共有するユーザーごとに、必ずアカウントを1つ作成してください。そうすることで、誰もが自分が必要とするプログラムやデータを利用できます。

フォルダーをパスワード保護する

パスワードを使用してフォルダーを保護するということは、フォルダーの文書一覧を表示するにはパスワードを入力する必要があることを意味します。フォルダーがパスワードで保護されているかどうかに関係なく、個々のファイルをパスワードで保護することもできます。このための手順は、ファイルでもフォルダーでも同じです。

Windows 7

  1. Windowsエクスプローラーで、パスワード保護するフォルダーに移動します。フォルダーを右クリックします。
  2. メニューから[プロパティ]を選択します。表示されるダイアログの[全般]タブをクリックします。
  3. [詳細設定]ボタンをクリックして、[内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する]を選択します。[OK]をクリックします。Windowsのユーザー名とパスワードが使用されます。
  4. フォルダーをダブルクリックして、アクセスできることを確認します。 

フォルダーのパスワード保護。

Windows 8とWindows 10

Windows 8およびWindows 10では、Windowsの機能を使ってフォルダーをパスワード保護することはできません。サードパーティのソフトウェアをダウンロードするか、ZIP形式で圧縮されたフォルダーを使用する必要があります。サードパーティのソフトウェアを使用する場合は、必ず信頼できる提供元からダウンロードしてください。

ZIP形式で圧縮されたフォルダー

お使いのWindowsのバージョンがパスワード保護をサポートしていない場合は、ZIP形式で圧縮されたファイルをパスワードで保護するのが適切な方法です。保護したいファイルをZIPファイルにすると、パスワードを適用できます。

  1. Windowsエクスプローラーで、ZIPファイルにするファイルを選択して右クリックします。
  2.  [送る]を選択し、[圧縮(ZIP形式フォルダー)]を選択します。プロンプトに従って、フォルダーに名前を付けて保存します。
  3. ZIP形式で圧縮されたフォルダーをダブルクリックし、[ファイル][パスワードの追加]を選択します。
  4. 必要な情報を入力して、[適用]をクリックします。

フォルダーを隠す

Windowsのフォルダーまたはファイルを隠すと、[隠しファイル、隠しフォルダー、または隠しドライブを表示しない]の設定がオフになっていないかぎり、そのフォルダーまたはファイルはディレクトリ一覧に表示されません。

Windows 7、8、および10

  1. 隠したいファイルまたはフォルダーを右クリックします。[プロパティ]を選択します。
  2. [全般]タブをクリックし、[属性]セクションの[隠しファイル]をクリックします。
  3. [適用]をクリックします。

ディレクトリでファイルまたはフォルダーが非表示にならない場合は、別の設定を有効にする必要があります。

  1. Windowsエクスプローラーで、[ファイル]タブをクリックします。
  2. [オプション]を選択し、[表示]タブを選択します。
  3. [ファイルとフォルダーの表示]で、[隠しファイル、隠しフォルダー、または隠しドライブを表示しない]をオンにします。

隠しファイルまたはフォルダーを表示するには、上記の手順を繰り返します。ただし、[隠しファイル、隠しフォルダー、または隠しドライブを表示する]を選択します。

まとめ

フォルダーをパスワードで保護する機能は無くなりましたが、パスワード保護したZIP形式のフォルダーを使用するか、ファイルやフォルダーがディレクトリ一覧に表示されないように隠すことによって、引き続き第三者から機密情報を見えないようにすることができます。


©2018 Micron Technology, Inc. All rights reserved. 情報、製品および仕様は予告なく変更される場合があります。CrucialおよびMicron Technology, Inc.はいずれも、印刷または写真における不備またはエラーについて一切の責任を負いません。Micron、Micronのロゴ、Crucial、Crucialのロゴは、Micron Technology, Inc.の商標または登録商標です。MicrosoftおよびWindowsは、Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標です。その他の商標およびサービスマークはすべて、その所有者に帰属します。