Filter by:

Mac®とWindows:長所と短所

「MacかWindowsか?」は長年に渡り続く論争ですが、最終的には好みと用途が決め手です。

オペレーティングシステム

MacとWindowsの長所と短所には、それぞれのオペレーティングシステムに由来するものがあります。OS X®とMicrosoft® Windows®は違う機能を果たし、用途に応じてどちらかの方がより適している場合があります。ただし、最終的には使いやすさが一番です。

エコシステム

MacとWindowsのどちらを選ぶか決めるうえで、手持ちの他のデバイスを考慮する必要があります。具体的には、スマートフォン、タブレット、ゲーム機、Apple TV®、別のパソコンといったデバイスです。必ずしもオペレーティングシステムを統一する必要はありませんが、Apple®製品は同社の製品と、WindowsはAndroid™製品と(また両社ともPlayStation®およびXbox®と)の併用を想定した設計になっています。タイプの異なるデバイスの併用によって、余分な手間が生じるのを嫌うユーザーもいます。

デスクトップパソコン、ノートブック、タブレット、スマートフォン

Boot Camp®を使用すると、MacにWindowsをインストールして、オペレーティングシステムを適宜切り替えることができます。

Macの長所

Macは以前から高性能なグラフィックデザインに定評があります。Apple製品のデザインは視覚的なアピール力もあるため、デザイン性だけで購入される場合もあります。また、Mac専用のグラフィックデザイン用ツールやアプリもあります。 現在は、売れ筋のデザイン用ソフトウェアの大半にはWindows版もありますが、グラフィックデザインならMacという認識は受け継がれています。Mac製品とグラフィックデザインについて詳しくは、こちらをご覧ください。

Macデスクトップパソコン

 

セキュリティについては、Apple製品はWindowsより数が少ないため、OS Xをターゲットとするウイルスも少数です。また、Appleは自社デバイスで使用するソフトウェアを厳格に管理しているため、新しいパソコンにインストールされるブロートウェアもはるかに少なめです。

カスタマーサービスについては、Appleの方が評判が良いです。比較候補となるWindowsメーカーが多数あるため直接比較するのは困難ですが、一般的にAppleは自社製品を手厚くサポートしています。

新しい技術については、Macの方がWindowsより早く設計に組み込む傾向にあります。Apple製品のメーカーは1社のみのため、USB-Cなど、ハードウェア関連の新しい技術開発により迅速に対応することが可能です。

Macユーザーは少数派であることから、Appleは自社製品とWindowsソフトウェアとの連携確保に配慮してきました。そのため、MacはWindows用にフォーマットされたドライブを読み取ることができ、多くの場合WindowsソフトウェアをOS Xと互換する形に変換することが可能です。

Windowsの長所

Windowsの最大の長所はコストです。Windowsメーカーは多数あるため、幅広い価格帯で多彩なデバイスを見つけることができます。Apple製品の価格に並ぶのは、最大級の性能を持つ高額のWindows製品だけです。

タッチスクリーンについてはAppleも追いあげていますが、Windowsの方が幅広い選択肢があります。Windows 8およびWindows 10は、タッチスクリーンを考慮した設計になっています。具体的には、ノートブックがタブレットになり、デスクトップはタッチスクリーンモニターが使用でき、タブレットはパソコンのように使用することが可能です。

ソフトウェアについては、Windowsパソコンの方が充実しています。大手ソフトウェアメーカーの多くは自社ソフトウェアを複数のバージョンで製造していますが、Appleが自社開発ソフトウェアで穴埋めすることを見込んで、製造しないメーカーもあります。

キーボードやマウスなど、パソコンのハードウェアを集めた画像

アップグレードに関しては、Windowsの方に軍配が上がり、幅広いタイプのコンポーネントから選択できます。Macでアップグレードできるのはメモリとストレージドライブのみであるのに対し、Windowsでは、多数のマザーボード、プロセッサ、ストレージドライブ、ビデオカード、グラフィックスカード、オーディオカード、メモリから選択できます。そのため、Windowsユーザーはマシンをカスタマイズしたり、既存マシンをすばやく簡単にアップグレードしたりすることが可能です。メモリの増設およびストレージドライブの換装について詳しくは、各リンクをクリックしてください。

ハードウェアに関しても、パソコンに付属の接続ポート数とポートのタイプが多い点、および接続の数とタイプに基づいてパソコンを選択できる点でWindowsの方が優位です。特定のタイプのポートを重視する場合、そのポートにぴったりのパソコンを見つけることができます。

Windowsは、パソコンの種類が豊富でユーザー数が多いことから、新しいハードウェアで古いバージョンのソフトウェアやオペレーティングシステムを実行できる後方互換性に優れています。

Macでも当然ゲームをプレイできますが、ハードコアゲームに関してはWindowsの方が概ね優位に立っています。詳細は「Macのパソコンはゲームに適しているのか?(NEW065)」をご覧ください。

MacとWindowsのどちらがより優れているかの比較は、両者がハードウェアとオペレーティングシステムの2大選択肢である限り続くでしょう。それぞれのパソコンにはそれぞれ長所があるため、ユーザーにとって重要な機能と用途が選択のカギを握ります。どちらを選択するにしろ、楽しんで利用しましょう。


©2017 Micron Technology, Inc. All rights reserved. 情報、製品および仕様は予告なく変更される場合があります。CrucialおよびMicron Technology, Inc.はいずれも、印刷または写真における不備またはエラーについて一切の責任を負いません。Micron、Micronのロゴ、Crucial、Crucialのロゴは、Micron Technology, Inc.の商標または登録商標です。Microsoft、Windows、およびXboxは、Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。Mac、OS X、Apple TV、Boot Camp、Appleは、Apple Inc.の米国およびその他の国における登録商標です。AndroidはGoogle Inc.の商標です。PlayStationはSony Corporationの商標です。その他の商標およびサービスマークはすべて、その所有者に帰属します。