Filter by:

SSDのフォームファクタ(形状・規格)について

ハードディスクドライブ(HDD)からソリッドステートドライブ(SSD)への切り替えは複雑になりがちです。必要なパフォーマンスとストレージ容量がはっきりしたら、次に行うことはお使いのパソコンと互換性があるフォームファクタ(形状、規格)の特定です。

SSDは、ドライブのサイズ、接続インターフェースのタイプ、ドライブがパソコン上で占める物理的スペースといった、3つのフォームファクタで定義されます。

SSDの3種類のフォームファクタのイラスト

2.5インチSSD

SSDの標準フォームファクタは2.5インチで、ほとんどのノートパソコンやデスクトップパソコンのドライブベイ内部にフィットします。ハードディスクをSSDに交換するユーザーが多いため、2.5インチドライブはすべてのHDDおよびSSDの標準となっており、こうしたアップグレードに対して互換性のある設計となっています。つまり、接続インターフェースケーブルを交換する必要性を最小化し、できる限り容易に高パフォーマンスドライブに移行できるよう設計されているのです。 SSDにアップグレードするべき理由のトップ10をこちらからご覧ください。

mSATA SSD

mSATAは、より小さいフォームファクタを持つSSDです。サイズは2.5インチドライブのわずか8分の1で、パソコンのマザーボード上のmSATAソケットに差し込むよう設計されています。mSATAドライブは超薄型デバイスやミニデバイスで使用されるか、デスクトップのセカンダリドライブとして使用されます。

M.2 SSD

M.2は、SSDの中でフォームファクタが一番小さく、サイズはガム1枚ほどです。M.2 SSDはM.2ソケットを介してマザーボードに取り付けられ、スペースが限られているタブレットやウルトラブックに適した設計となっています。

SSDがお客様のパソコンで果たす役割について詳しくは、こちらをご覧ください。

SSDフォームファクタ

SDDのサイズと形状により、SSDの使用について

2.5インチSSD

mSATA SSD

M.2 SSD

取り付け方法

SATAケーブル(ドライブベイ内)

mSATAソケット(マザーボード上)

M.2ソケット(マザーボード上)

各SDDフォームファクタの最適な用途:

ノートブック/デスクトップ/サーバー

mSATAソケットを装備した、超薄型ノートブック/Intel® NUCシステム/mini ITX
マザーボード/デスクトップ

タブレット/ウルトラブック

対象用途

プライマリストレージまたはセカンダリストレージ

上述のパソコンのプライマリストレージ、セカンダリストレージ(キャッシュ
ドライブ)

タブレットやウルトラブックのプライマリストレージ

Crucial® AdvisorまたはSystem Scannerを使用すれば、自分のパソコンと互換性のあるSSDのタイプをわずか数クリックで確認できます。


©2017 Micron Technology, Inc. All rights reserved. 情報、製品および仕様は予告なく変更される場合があります。CrucialおよびMicron Technology, Inc.はいずれも、印刷または写真における不備またはエラーについて一切の責任を負いません。Micron、Micronのロゴ、Crucial、Crucialのロゴは、Micron Technology, Inc.の商標または登録商標です。Intelは、Intel Corporation、または米国およびその他の国のその子会社の商標です。その他の商標およびサービスマークはすべて、その所有者に帰属します。