Filter by:

RAMとROMの違いとは?

RAM(ランダムアクセスメモリ)とROM(読み取り専用メモリ)は、両方ともパソコンの中に存在します。 

RAMは、作業中のファイルを一時的に保存する揮発性メモリです。ROMは、パソコン用の指示書を永続的に保存する不揮発性メモリです。RAMの詳細は、こちらをご覧ください。

Crucialメモリ(RAM)

揮発性メモリと不揮発性メモリ

RAMは揮発性メモリです。これはモジュールに一時的に保存された情報がパソコンを再起動またはシャットダウンすると消去されてしまうことを意味します。情報はトランジスタ上に電子的に保存される為、電流がない状態ではデータが消失されてしまいます。ユーザーがファイルまたは情報をリクエストする度に、パソコンのストレージディスクまたはインターネットから取得されます。データをRAMに保存する目的は、別のプログラムまたは別のページに切り替える度に瞬時にそれらの情報を利用できるようにするためです。パソコンがシャットダウンされると処理が再び開始されるまでメモリのデータは消去されます。揮発性メモリは、ユーザーが容易に変更やアップグレードまたは拡張をすることができます。お使いのパソコンでメモリを増設する必要があるかご確認ください。

ROMは、不揮発性メモリです。これは情報がチップに永続的に保存されることを意味します。メモリがデータの保存を電流に依存しない代わりに、データはバイナリコードを使用して個々のセルに書き込まれます。不揮発性メモリは、ソフトウェアの初期起動部分やプリンターを起動するファームウェア指示書などのパソコンの不変部分に使用されます。パソコンの電源を切ってもROMに影響することはありません。不揮発性メモリは、ユーザーが変更することはできません。


©2018 Micron Technology, Inc. All rights reserved. 情報、製品および仕様は予告なく変更される場合があります。CrucialおよびMicron Technology, Inc.はいずれも、印刷または写真における不備またはエラーについて一切の責任を負いません。Micron、Micronのロゴ、Crucial、CrucialのロゴはMicron Technology, Inc.の商標または登録商標です。その他の商標およびサービスマークはすべて、その所有者に帰属します。