ごめんなさい。検索がアクティブな重要な部品番号または構成IDと一致しませんでした。

Macをデフラグする方法

Macが遅い場合、Macのハードドライブをデフラグすることは、低速なコンピューターや古いコンピューターを高速化し、寿命を延ばすための優れた方法です。しかし、Macのデフラグに関する状況は複雑です。Macオペレーティングシステムの最近のバージョンは、自動的に問題に対処するように設計されています。また、HDD(ハードディスクドライブ)の代わりにSSD(ソリッドステートドライブ)を搭載したMacもデフラグする必要がありません。

これらすべての要素を考慮して、MacBookやiPadなどのAppleデバイスをデフラグする必要があるかどうかをどのように判断したらよいでしょうか? 心配ありません。以下の記事でその方法を説明します。

  1. デフラグの概要とMacにもたらす利点
  2. Macのデフラグのタイミング
  3. ストレージ(空き容量)を確認する方法
  4. SSDにはデフラグが不要な理由およびSSDのその他の利点

では、説明に入ります。

デフラグの概要とMacにもたらす利点

ハードディスクドライブ(HDD)はセクターに分割された、回転するプラッタにデータを保存します。時間が経つにつれて、保存したファイルのデータは断片化され、ファイルの一部がディスクの異なるセクターに保存されることになります。これにより、コンピューターが読み取って開く必要があるさまざまなデータを収集するためにファイルにアクセスする機械アームが複数のセクター間を移動する必要が生じるため、非効率になります。このような非体系的なストレージでは、ディスク上に保存されたデータ間に使用できないスペースが生じ、ストレージ容量が減少します。

デフラグは基本的にハードディスク上のデータを並べ替えて各断片を寄せ集めることで、保存ファイルへのアクセスを迅速化・効率化します。また、デフラグを実行して保存されたデータ間の無駄な領域を削減することによって、使用できなくなっていた容量が復活します。

一般に、HDD搭載のMacまたはPCは月に1回程度デフラグすることをお勧めします。Macの動作が遅くなる理由はいくつか考えられますが、デフラグが効果的な場合があります。とはいえ、Macのデフラグが必ずしも必要というわけではありません。次に、Macをデフラグした方がよいかどうかを判断する方法を説明します。

Macをデフラグするタイミング

2002年に発表されたOSバージョンであるMac OS X 10.2のリリースにより、Macコンピューターのデフラグはあまり重要ではなくなりました。このバージョン以降、Macはデータのグループ化の方法を改善して断片化を削減し、後からデータを再編成する必要性を少なくする新しいファイリングシステムを装備しました。また、Mac OS X 10.2以降のバージョンでは、最適化(デフラグ)機能を自動実行します。

Macは寿命が長いことで知られています。実行するOS Xのバージョンが10.2より古い場合、Macディスクをデフラグすることでパフォーマンスが向上する可能性が高くなります。新しいオペレーティングシステム(10.2以降)を搭載したMacの場合、ディスクドライブをデフラグするオプションのコマンドすら存在しません。

ストレージ(空き容量)を確認する方法

Macのパフォーマンスを確認すると、デフラグまたはアップグレードが必要かどうかの判断に役立ちます。起動ディスクがほぼいっぱいであるという警告メッセージが通知されている可能性があります。Macのパフォーマンスが遅くなっていることに気付いたら、90%のストレージしきい値を超えたかどうかを確認することをお勧めします。HDDの利用可能な空き容量を確認するには、以下の基本手順に従います。

  • 画面上部の左端のAppleロゴをクリックします。
  • [このMacについて]をクリックします。
  • [ストレージ]をクリックします。ドライブの利用可能容量と、ハードディスクに保存されているファイルの種類とサイズを示すグラフが表示されます。

MacにHDDまたはSSDがあるかどうかを確認する方法

前述したように、SSDはデフラグする必要がありません。そこで、以下では、MacにSSDまたはHDDが搭載されているかどうかを確認する方法を 説明します。

  • [Apple]メニューをプルダウンします。
  • [このMacについて]を選択します。
  • [詳しい情報]を選択します。
  • [システムレポート]を選択します。
  • [ハードウェア]タブで、[Serial-ATA]を選択します。
  • 結果情報にストレージデバイスの種類、製造年度、製造元が表示されます。

SSDにはデフラグが不要な理由およびSSDのその他の利点

新しいOS Xバージョンでは、特に、大量のデータを必要とする編集ソフトウェアなどのアプリケーションで作成したビデオファイル、写真、ファイルで大容量を消費すると、容量の問題が発生する可能性があります。Macのディスク使用率がディスク容量の90%を超えると、これらの自動最適化プログラムは実行されなくなります。その場合は、保存したファイルやアプリケーションを詳しく調べて、不要になったファイルを削除します。使用容量が多いビデオなどのマルチメディアファイルから始めるとよいでしょう。もう1つの方法は、ストレージをアップグレードして容量を増やすことです。SSDには、デフラグが不要という点に加えて、起動が高速、耐久性が高い、自動暗号化オプションがある、読み取り/書き込み時間が高速など、多くの利点があります。

まとめ

OS X 10.2以前を使用する場合を除き、Macのデフラグはパフォーマンス向上のための最適な方法ではない可能性があります。実際、10.2より新しいバージョンには最適化オプションがありません。いずれにしても、SSDを搭載したMacはデフラグすべきではありません。空き容量が不足している場合は、HDDからSSDへのアップグレードが高速化、容量の増強、Macのセキュリティ強化のための簡単な方法です。