ごめんなさい。検索がアクティブな重要な部品番号または構成IDと一致しませんでした。

外付けSSDをブートドライブとして使用する方法

Crucial X8ポータブルSSDまたはCrucial X6ポータブルSSDへのアップグレードを検討していて、「外付けSSDをブートドライブとして使用できるのか?」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。ご安心ください。外付けSSDから、WindowsやMacのコンピューターを起動できます。

モデルにもよりますが、特にMacではシステムのアップグレードが難しい場合があります。古いモデルのiMacやMac Miniには、SSDよりもはるかに遅いハードディスクや、低容量のSSDが搭載されていることが多くあります。しかし、Crucial X8やX6といった外付けSSDを使えば、内部の部品を交換せずに速度と容量を向上させることができます。その方法は至って簡単で、USBケーブルを使ってポータブルSSDを接続するだけです。

外付けSSDの取り付け方をすでに知っていれば、システムをアップグレードするためにCrucialポータブルSSDをブートドライブとして使用するのが、簡単で信頼性の高い方法であることがおわかりいただけるはずです。ねじ回しも要りません。

注:誤ってファイルを削除したり、間違ったドライブを選択したりしてしまった場合に備えて、Crucial X8またはX6をブートドライブとして設定する前に、ファイルを別の場所にバックアップすることをお勧めします。

X8またはX6外付けSSDをMacのブートドライブとして使用する方法は次のとおりです。

ステップ1:内蔵ドライブを完全消去する

内蔵ドライブを完全消去して、MacOSをCrucialポータブルSSDに保存するプロセスを開始するにあたっては、まずApple.comの記事「MacOS復旧からMacOSを再インストールする方法」をご覧ください。

ステップ2:ディスクユーティリティを開く

指示に従ってMacOS復旧を開いたら、[ディスクユーティリティ]を開きます。

ステップ3:既存のデータを消去する

左側の列にあるストレージディスクの一覧から「Crucial X8」または「Crucial X6」を選択します。

ステップ4:既存のデータを消去する

[消去]を選択して、既存のデータをすべてドライブから削除します。

ステップ5:SSDに名前を付ける

新しいボリューム名の入力が求められたら、「macOS X8」または「macOS X6」と入力します。ディスクのフォーマットに応じて、APFSかX拡張(ジャーナリング)を選択します。スキームはGUIDパーティションマップのままにしておきます。

ステップ6:ディスクユーティリティを終了する

ディスクユーティリティを終了して、[macOSを再インストール]を選択します。

ステップ7:macOSを再インストールする

macOSインストーラの案内に従って、新しいオペレーティングシステムのインストール先として「macOS X8」または「macOS X6」ボリュームを選択します。

Crucial SSDに関するリソース

Crucial.comでは、SSDのしくみやSSDを最大限に活用する方法についての豊富な情報をご利用いただけます。以下に人気のリソースのいくつかをご紹介します。ぜひご覧ください。

©2019 Micron Technology, Inc. All rights reserved. 情報、製品および仕様は予告なく変更される場合があります。CrucialおよびMicron Technology, Inc.は両者とも、印刷や写真における誤記や脱落について一切の責任を負いません。Micron、Micronのロゴ、Crucial、Crucialのロゴは、Micron Technology, Inc.の商標または登録商標です。Mac、OS X、およびAppleは、米国およびその他の国で登録されたApple, Inc.の商標です。その他の商標およびサービスマークはすべて、それぞれの所有者に帰属します。