ごめんなさい。検索がアクティブな重要な部品番号または構成IDと一致しませんでした。

外付けSSDをパーティション分割する方法

Warning

警告:パーティションを作成すると、Crucial X8 Portable SSDに保存されているすべてのデータは削除されます。以下の手順を始める前に、保存しておきたいファイルを別の場所にバックアップしておいてください。

ここではPCまたはMacコンピューターで外付けSSDをパーティション分割する手順について詳しく説明します。ここでは、Crucial X8またはCrucial X6 Portable SSDを使用します。説明はX8とX6でまったく同じです。まずPCの場合の手順を紹介します。

Macの手順については、PCの手順の後までスクロールしてください。

Crucial X8やCrucial X6のようなポータブルSSDは、重要なファイルをどこでも必要な場所に持ち運びができる、便利でコンパクトな手段です。ところで、お持ちのCrucial Portable SSDをもっと有効に使えるようにする方法があります。それがパーティション分割です。

この手順では、Crucial X8またはX6を2つのパーティションに分割し、効率的に2つのストレージドライブにする方法について説明します。今回の例では、一方のパーティションはデータのバックアップ、もう一方をファイルの転送に使用します。ただし、Crucial Portable SSDはどのようなドライブ数にもフォーマット可能です。

不明な専門用語がある場合は、CrucialのSSD用語集をご覧ください。その他のSSDリソースについては、Crucial.comに内蔵型SSDを取り付ける手順と、ポータブルSSDをブートドライブとして使用する手順のガイドが掲載されていますのでご参照ください。

PCで外付けSSDをパーティション分割する方法

手順1:Crucial X6 SSDまたはX8 SSDをコンピューターに接続する

 付属のUSB-Cケーブルを使用してCrucial X8またはX6をコンピューターのUSBポートに接続します。USB-Aポートしかない場合は、USB-Aアダプタ(Crucial X8には付属、Crucial X6では別売またはバンドル)で接続してください。

手順2:Crucial X6またはX8を選択する

[スタート]メニューをクリックします。「ハードディスクドライブのパーティションを作成してフォーマットする」と入力します。

手順3:X6またはX8を選択する

「Crucial X8」または「Crucial X6」ボリュームがオプションに表示されます。それを右クリックして「ボリュームを削除」を選択し、削除してもよいことを確認します。

手順4:1つ目のパーティションを作成する

ストレージの場所の一覧にあった「Crucial X8」または「Crucial X6」のところが、未割り当て領域となります。1つ目のパーティションを作成するには、この未割り当て領域を右クリックして「新しいシンプルボリューム」を選択します。

「新しいシンプルボリューム」ウィザードに従い、最後に[次へ]をクリックします。

手順5:新しいストレージの場所のサイズを選択する

新しいパーティションに割り当てる空き容量を選択します。たとえば、1TBのX8 Crucial SSDを2つの同じ大きさのパーティションに分割したい場合は、500GBを選択します。

手順6:新しいストレージの場所にボリューム文字を割り当てる

ストレージの場所の一覧に、各ドライブに割り当てられている文字(C、Dなど)が表示されます。新しいパーティションには、他の場所で使われていない文字を割り当てます。

手順7:ファイルシステムを選択する

バックアップドライブにはNTFSをお勧めします。次に、ボリューム名を作成します(Crucial X8バックアップなど)。

手順8:2つ目のパーティションを作成する

Crucial Portable SSDにはまだ未割り当ての領域があります。その領域をクリックして、前の手順を繰り返すことでボリュームに文字と名前(「X8転送」または「X6転送」など)、ファイルシステムを割り当てます。

手順9:手順を終了して確認する

[終了]をクリックします。どちらのストレージにもファイルを保存することができるようになります。

Macで外付けSSDをパーティション分割する方法

手順1:Crucial X8 SSDをコンピュータに接続する

付属のUSB-Cケーブルを使用してCrucial X8またはX6をお使いのMacに接続します。お使いのMacにUSB-Aポートしかない場合は、USB-Aアダプタ(Crucial X8には付属、Crucial X6では別売またはバンドル)で接続してください。

手順2:ディスクユーティリティを開く

Finderで[アプリケーション]、[ユーティリティ]、[ディスクユーティリティ]の順に移動します。

手順3:1つ目のパーティションを作成する

ドライブを選択し、「パーティションを作成する」オプションを選択します。

手順4:新しいパーティションに名前を付ける

新しいストレージの場所に名前を作成します(「X8バックアップ」、「X6バックアップ」など)。

手順5:ファイルシステムの種類を選択する

オプションからファイルシステムの種類を選択します(ファイルのバックアップに適しているのはAPFSです)。

手順6:新しいストレージの場所のサイズを選択する

新しいパーティションに割り当てる空き容量を選択します。たとえば、1TBのX8 Crucial SSDを2つの同じ大きさのパーティションに分割したい場合は、500GBを選択します。

手順7:2つ目のパーティションを作成する

プラス記号(+)をクリックして2つ目のパーティションを作成します。

手順8:2つ目のパーティションを設定する

前の手順を繰り返し、2つ目のパーティションに名前(Crucial X8転送など)とサイズを割り当て、ファイルシステムを作成します(exFATは読込み/書込みファイルシステムに適しており、MacとPCの両方で利用できます)。

手順9:完了

メッセージが表示されたら「適用」をクリックします。現在X8にあるすべてのファイルが削除されることを警告するメッセージが表示されます。「パーティション」を選択します。2つのストレージ場所(この場合、Crucial X8バックアップとCrucial X8転送)がデスクトップに表示されます。

まとめ

このガイドが、お客様のCrucial X8 Portable SSDまたはX6 Portable SSDのセットアップ、そしてデバイスを最大限に活用させるお役に立てれば幸いです。

SSDやDRAMのご購入、SSDに関する詳細情報については、当社の便利なコンテンツハブをご参照ください。

 

How to partition an external SSD on a PC

Step 1: Connect the Crucial X6 or X8 SSD to your computer

 Use the enclosed USB-C cable to connect your Crucial X8 or X6 to the USB port on your computer. If you only have a USB-A port, connect via a USB-A adapter (included with the Crucial X8, sold separately or bundled with the Crucial X6).

Step 2: Select the Crucial X6 or X8

Click on the Start menu. Type in “create and format hard disk partition.”

Step 3: Select the X6 or X8

“Crucial X8” or “Crucial X6” volume should appear as an option. Right click on it and select “Delete volume,” then confirm that you want to delete it.

Step 4: Create the first partition

An unallocated space will replace where “Crucial X8” or “Crucial X6” was in the list of storage locations. To create your first partition, right click on that unallocated space and select “New simple volume.”

Follow the new simple volume wizard, then click next.

Step 5: Select a size for the new storage location

Choose the amount of storage space you want to allocate to the new partition. For example, if you want to split a 1TB X8 Crucial SSD into two equal partitions, choose 500GB.

Step 6: Assign a volume letter to the new storage location

The list of storage locations will show the letters assigned to each drive (C, D, etc.). Assign the new partition a letter not already assigned elsewhere.

Step 7: Select a file system

NTFS is a good option for a backup drive. Next, create a volume name (such as Crucial X8 backup.)

Step 8: Create second partition

There will still be unallocated space on the Crucial portable SSD. Click on it and repeat the previous steps to assign a letter, name (such as “X8-transfers” or “X6-transfers”), and filetype to the volume.

Step 9: Complete and check

Click Finish. You should be able to safe files to either storage location.

How to partition an external SSD on a Mac

Step 1: Connect the Crucial X8 SSD to your computer

Connect your X8 or X6 to your Mac with the enclosed USB-C cable. If your Mac only has a USB-A port, you'll need to use a USB-A adapter (included with the Crucial X8, sold separately or bundled with the X6).

Step 2: Open Disk Utility

Using Finder, go to applications, then utilities, then open Disk Utility.

Step 3: Create the first partition

Select Drive, then select the “create partition” option.

Step 4: Name the new partition

Create a name for the new storage location (such as “X8 Backup” or “X6 Backup”).

Step 5: Select a filesystem type

Select a filesystem type from the options (APFS works well for backing up files).

Step 6: Select a size for the new storage location

Choose the amount of storage space you want to allocate to the new partition. For example, if you want to split a 1TB X8 Crucial SSD into two equal partitions, choose 500GB.

Step 7: Create the second partition

Click the plus sign (+) to create the second partition.

Step 8: Set up your second partition

Repeat previous steps to name (such as Crucial X8 transfers), size, and create a filesystem type for the second partition. (exFAT works well as a read/write filesystem type and is compatible with both Mac and PC.)

Step 9: Complete

Hit “Apply” when prompted. After, a warning will alert you that all current files will be deleted from the X8. Select “Partition.” Two storage locations (in this case, Crucial X8 backup and Crucial X8 transfers) will appear on the desktop.

Conclusion

Hopefully this guide will help you set up your Crucial X8 or X6 portable SSD and get the most out of your device.

Shop SSDs and DRAM and learn more about SSDs in our helpful content hub.