高速なメモリとストレージにアップグレードしたコンピューターがクリエーターに創作のパワーをもたらす

ミケランジェロがシスティーナ礼拝堂の天井画の制作に4年間、そして祭壇のフレスコ画「最後の審判」の完成に7年間を費やしたことは有名です。

こんにちのクリエーターはよりタイトな納期の問題に直面しています。

クライアントは短納期を前提に、しかも細部と芸術性に対する細心の注意を要求します。完璧に水曜日じゅうに仕上げてください、などです。

これによりビデオゲーム、アニメーション、Webサイト、統合玩具などを制作する誰もが知るような有名企業をクライアントに持つCurious Mediaなどのエージェントではスピードが最優先になります。

「このようなクライアントは結果を求める」とCurious Mediaのクリエイティブディレクター Jesse Huffmanは言います。したがって、クリエーターのチームに最新のテクノロジーを与えて即座にその才能を成果物に変えられるようにする必要があります。

「作業をスピードアップできなければ、素晴らしい作品を作るにずっと長い期間が必要になります」Huffmanは言います。「[スローダウンは]間違いなくチームの隅々にまで影響を及ぼします。誰かが本来のスピードを出せていないときは気が付きます。そしてクライアントは私たちに10倍のスピードを求めています。」

幸いなことに素晴らしい頭脳を持つクリエーターには、それに見合う隠し技と言うべき高速なテクノロジーが存在します。Crucial DRAMCrucial SSD、およびMMicronエンタープライズストレージです。

SSD = より高速なアクセス

コンピューターはシステムの起動、プログラムの読み込み、バックアップデータの転送、をストレージに依存します。これらのタスクは実際に動作が遅くなってからはじめてわかるものばかりです。こうなると、ユーザーはプログレスバーが進み切るのを待つよりほかなく、自分の仕事をすることはできなくなります。

このような遅れはクリエーターにとっては特に壊滅的だとBaliscianoは言います。素晴らしいアイデアははかなく消えてゆきます。しゃれやユーモアを作品のキャラクターに持たせることを得意としているCurious Mediaではドライブの処理を待っている間に、アニメーターとイラストレーターがクリエイティブゾーンから出てきてしまいかねません。

Curious Mediaが昔ながらのハードドライブに比べてはるかに高速で動作する強力なSSDを頼りにしているのはこの理由からです。

「必要なツールに即座にアクセスきれば、作業の結果をすぐにスクリーンで見ることができます。これによって外部の誓約をすべて取り除き、創造性を存分に発揮することができます」Baliscianoはこのように言います。

小規模なエージェントの例にもれず、Curious Mediaはハードウェアの購入にあたっては予算を意識する必要があります。SSDの価格は近年低下しておりアップグレードの決断が簡単にできるようになっています。

「SSDを導入することはもはや問題ではなく小さな会社でも手軽にできるようになったため、働き方が大きく変わりました」Baliscianoは言います。「すばらしいことです」

Curious Mediaは新しいコンピューターを購入するかわりに、それよりコストパフォーマンスの良いメモリとストレージのアップグレードを行っています。ハードドライブをSSDに切り替えると大きな違いが生まれるとBaliscianoは言います。

「会社には、特に問題が生じなければ、4年から6年前に購入したコンピューターを使い続けている者もいます」彼は言います。「ハードドライブを使用していた時は、導入から1~2年でフラストレーションが溜まり始めていました」

サーバー容量の拡大 = 精神の安定

写真、ビデオ、アニメーション、その他の制作や編集のソフトウェアを使用するクリエーターは、非常に大きなファイルを作ります。Curious Mediaでは、チームメンバーが編集プロセスにおいて、プロジェクトを共有し途中のバージョンを保存しておけるようにサーバーを使用しています。サーバーは、すべてのデータを格納するという最も基本的で必要不可欠な機能を実行するほかに、心の平静ももたらしてくれます。アニメーターのノートパソコンが故障しても、それはプロジェクトを破滅の危機にさらすものではなく、小さな問題にすぎません。

創業当初、Curious Media は、クリエイティブな業務を行うエージェントに共通する問題に突き当たっていました。サーバーの容量不足の発生です。会社は毎回応急的な対策を施して仕事を続けました。

「以前は、組織全体のすべてのコンテンツを保存するために200-500GBのドライブを使用していて、容量の問題に直面することが現在よりもずっと多くありました」Baliscianoは言います。「当時は頻繁にドライブを追加しなければならず、最後には、既存のハードウェアにドライブが追加できないという事態に至りました」

ありがたいことに、近年、サーバーのストレージ技術が飛躍的に進歩し、同時に価格も下がりました。Baliscianoは言います。Curious Mediaは、大容量のストレージドライブに投資することにより、大きな利益を得ました。組織はサーバーのアップグレードに煩わされずにコンテンツの制作に集中できるようになったからです。

「現在、数基のドライブベイに8テラバイトまでロードできます」彼は言います。「以前は数か月で見直しが必要だったことが今では数年おきで済みます。最近はあの頃に比べてはるかに容量の心配が少なくなりました。」

DRAM製品

タイプ ブランド モデル
Mac用 Crucial 16GB / 32GB DDR4-2666 SODIMM
高性能 Ballistix Elite 3600
低価格 Ballistix Sport LT 16GB DDR4-2400 UDIMM

SSD製品

タイプ ブランド モデル
高性能 Crucial MX500
低価格 Crucial BX500
エンタープライズクラスのストレージ Ballistix 5210 ION

ライブチャット
チャットオフライン