ごめんなさい。検索がアクティブな重要な部品番号または構成IDと一致しませんでした。

Crucialのハードウェア暗号化の価値

お使いのコンピューターの価値はどれほどでしょうか。おそらく、ハードウェアの費用よりはるかに価値があることでしょう。お使いのシステムの価値はそこに何を保存しているかによって測ることができます。

大切な写真や思い出から、日記、税務記録、社会保障番号、クレジットカード番号、機密作業ファイル、友人や家族の住所まで、データの保存・保護に伴って多くの情報が危険にさらされます。このような状況こそ、ハードウェア暗号化が活躍する機会です。

暗号化とは、基本的に、よからぬことを企む人の手に渡った場合に備えてデータを安全に保護する手段です。もう少し具体的に説明すると、暗号化は、データセットの値をスクランブルして置換し、意図した受信者またはプライマリーユーザー以外には読み取ることができないようにする方法です。暗号化は、ハッカーがリモートでデータを侵害したり、盗難者が物理的にコンピューターを盗難して持ち主のIDを盗んだりする行為を防ぐために有効です。

ハッキングや盗難からデータを安全に保護するには、自己暗号化ドライブを使用してAES 256ビット暗号化でデータを守り、銀行や病院と同等のセキュリティ水準を達成する方法が最善です。このようなハイレベルの暗号化は、一部のハードディスクに見受けられますが、SSDなら、ほとんどの製品が標準で速度面でもセキュリティ面でもさらに高いパフォーマンスを実現します。

暗号化機能を備えたSSDを購入する場合は、Crucial自己暗号化ドライブ(SED)などの、業界で広く認められているTCG Opal 2.0プロトコルをサポートしているドライブを選んでください。一部のCrucial SEDは、IEEE-1667規格などのMicrosoft® eDrive®プロトコルもサポートしています。また、すべてのCrucial SSDはMicrosoft BitLockerソフトウェアの暗号化をサポートしており、SSDの暗号化の状態に関係なく、すべてのCrucial SSDに電力損失保護、RAIN(Redundant Array of Independent NAND)、Exclusive Data Defenseなどのエンタープライズ級の優れた機能が備わっています。Crucial SSDは信頼できるパフォーマンスを提供します。

Crucial SSDを購入