ごめんなさい。検索がアクティブな重要な部品番号または構成IDと一致しませんでした。

DDR5、DDR4、DDR3、DDR2、DDR、SDRAMの違いとは?

多くのデスクトップPCおよびノートブックPCのメインシステムメモリには一般的な各種DRAMが使用されています。

シングルデータレート(SDR)のSDRAMは比較的古いタイプのメモリで、一般に2002年以前のコンピューターで使用されています。

ダブルデータレート(DDR)のSDRAMは2002年頃にメインストリームコンピューター市場で発売され、SDR SDRAMから直接進化したメモリです。DDRとSDRの最大の違いは、DDRはクロックシグナルの立ち上がりと立ち下がりの両方でデータを読み取るということです。これにより、DDRメモリモジュールはSDRメモリモジュールの2倍の速度でデータを転送できます。

DDRの後継テクノロジーとなるDDR2を実装したシステムは2004年の半ばに登場しました。DDR2はDDRの速度を上回り、帯域幅は最大8.5GB/秒です。DDR2ベースのシステムは2枚一組で搭載してデュアルチャネルモードで実行されることが多く、これによりメモリスループットはさらに向上します。

DDR3DDR4およびDDR5ではメモリテクノロジーがさらに向上して、帯域幅と消費電力が改善され、時間の経過や規格の進化に伴い、パフォーマンスと安定性がますます高まりました。

一般的に、マザーボードが対応するメモリは1種類だけです。あらゆるシステムにおいて、同じマザーボード上にSDRAM、DDR、DDR2、DDR3、DDR4、DDR5のメモリを混在させることはできません。混在すると動作しませんし、同じソケットにも挿せません。

使用するメモリの種類は、お使いのコンピューターと互換性のあるものに限ります。お使いのコンピューターに最適なメモリを見つける最も簡単な方法は、Crucial® Advisor™ツールで調べることです。お使いのコンピューターと互換性のあるメモリのみがリストアップされます。

お使いのコンピューターの正確な機種が不明な場合は、System Scannerツールを利用することにより、コンピューターのハードウェアをスキャンしてシステム構成を自動的に検出し、適切なアップグレードに関するレポートを取得できます。

©2019 Micron Technology, Inc. All rights reserved.情報、製品および仕様は予告なく変更される場合があります。CrucialおよびMicron Technology, Inc.は両者とも、印刷や写真における誤記や脱落について一切の責任を負いません。Micron、Micronのロゴ、Crucial、Crucialのロゴは、Micron Technology, Inc.の商標または登録商標です。その他の商標はすべて、それぞれの所有者に帰属します。