Filter by:

SSDをフォーマットする方法

ソリッドステートドライブ(SSD)のフォーマット(実際には再フォーマット)は、ドライブをすばやく簡単に、新品同様のクリーンな状態に復元する作業です。古いドライブを販売または譲渡する場合は、ドライブを再フォーマットするとともに、すべてのデータを消去する作業が別途必要です。 

SSDをフォーマットする前の考慮事項

最初に重要なデータをバックアップする

ドライブを再フォーマットすると、事実上は保存データが消去されますが、ある程度のデータは高度な方法で復元することが可能です。再フォーマットする前に、ドライブのすべてのファイルを必ずバックアップしてください。 

データをバックアップ中のコンピューターの画像

必ずQuick Formatを選択する

ハードディスクドライブ(HDD)のフォーマットに慣れている場合、SSDのフォーマットはこれとはやや異なることに気が付くでしょう。SSDにはHDDと異なるテクノロジーが使用されているため、フォーマット機能のプロセスも異なります。 

したがって、Quick Formatのチェックボックスを必ずオンにしてからSSDのフォーマットを行うことが重要です。チェックしなかった場合、パソコンはFull Formatを実行します。これはHDDにとっては安全ですが、パソコンが読み込み/書き出しの全サイクルを実行するため、SSDの寿命が短くなる恐れがあります。 

TRIMを有効にしてSSDのパフォーマンスを維持する

パソコンのオペレーティングシステムでTRIMがサポートされている場合、これを有効にすると、パソコンはSSDに保存されたデータが適切に管理されるよう自動的に作動します。

再フォーマットおよびTRIMの有効化は、テクノロジーは異なりますが、ハードディスクの最適化と同様に考えることができます。これにより、不要になった保存済みファイルを削除するという同じ結果が得られます。SSDでは最適化は必要ありません。TRIMコマンドによって同様の結果が得られます。 

Crucial MX300 SSDファミリ

 

SSDを再フォーマットする場合、セルが「1」と「0」で埋められて、元のデータを置き換えます。その後、別のコマンドであるTRIMが、この情報は実データではないことをドライブコントローラに通知します。このように、「ダミー」のデータが残っている間、SSDはこの情報を利用可能なスペースとして読み取ります。 

個人データを消去する

ドライブを販売または譲渡する目的でデータを消去する場合、Secure EraseによってSSDのデータをすべて消去できますが、ドライブの再フォーマットやデータを完全に消去することはできません。SSDのデータを回復できないよう完全に消去するためには、メーカーのウェブサイトでソフトウェアをダウンロードしてください。Crucial®SSDの場合、Crucial Storage Executiveソフトウェアツールを無料でダウンロードできます。

SSDをフォーマットする

SSDをMicrosoft® Windows®でフォーマットまたは再フォーマットするには、次の手順に従います。

1.     スタートまたはWindowsボタンをクリックし、[コントロールパネル][システムとセキュリティ]の順に選択します。

2.     [管理ツール][コンピューターの管理][ディスクの管理]の順に選択します。

SSDのフォーマット手順:[ディスクの管理]の選択

 

3.     フォーマットするディスクを右クリックし、[フォーマット]を選択します。

4.     表示されるダイアログで、[ファイルシステム](通常はNTFS)を選択し、[アロケーションユニットサイズ](通常は4096)を入力して、[クイックフォーマットする]のチェックをオンにします。

5.     [OK]をクリックします。

新たにフォーマットしたドライブで、オペレーティングシステムのインストールやインストールプログラムの起動を行うことができます。


©2017 Micron Technology, Inc. All rights reserved. 情報、製品および仕様は予告なく変更される場合があります。CrucialおよびMicron Technology, Inc.はいずれも、印刷または写真における不備またはエラーについて一切の責任を負いません。Micron、Micronのロゴ、Crucial、Crucialのロゴは、Micron Technology, Inc.の商標または登録商標です。MicrosoftおよびWindowsは、Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。その他の商標およびサービスマークはすべて、その所有者に帰属します。