Filter by:

OS X®の「装置の最後のブロックに書き込めません」というエラーを修正する

macOS®でSSDの[消去]または[パーティション]を実行しようとして「装置の最後のブロックに書き込めません」というエラーが発生した場合、エラーの原因がいくつか考えられます。このエラーを修正する場合、または詳細なサポートが必要かどうかを確認する場合は、以下の手順を試してください。

1. ケーブルとポートを変更する

通信エラーまたは接続時の何らかの障害がエラーの原因になる場合があります。この問題はポートとケーブルの変更によって対処できます。SSDを外付けしていて、USBケーブルまたはエンクロージャを変更する場合は、適宜代替USBポートを使用してください。適切な内部接続が使用可能であれば、システム内部のデバイスで試してみてください。可能であれば、ドライブ全体を別のシステムに移動すると、問題の絞り込みに役立つ場合があります。

2. macOS復元のディスクユーティリティを使用する

OS Xを起動中にエラーが発生した場合は、復元ユーティリティ[消去]の手順を行うと役立つ場合があります。macOS復元を起動し(システムの起動時に要求されればoptionキーまたはcommand+Rキーを押す)、[消去]の手順を試行して、他のソフトウェアとの競合が原因である可能性を排除します。

3. 代替ソフトウェアまたは別のOSを使用する

ディスクユーティリティまたはOS Xの変数がエラーの原因になる場合もあります。別のパーティション作成またはフォーマットソフトウェア(たとえばWindows®の「ディスクの管理」など)を使用して、これを確認することで問題が解決する場合があります。このような環境でドライブをフォーマットした結果、要件に適さないファイルシステムを使用することになった場合(macOS拡張ジャーナリングが必要なSSDにWindows NTFSを使用するなど)、通常はドライブをMac®に戻して再度[消去]を実行することができます。他の場所でドライブがフォーマットを認識した後なので、今度は正常に完了するはずです。以上のトラブルシューティングで効果がなかった場合、詳細なサポートについては弊社までお問い合わせください。

©2019 Micron Technology, Inc. All rights reserved. 情報、製品および仕様は予告なく変更される場合があります。CrucialおよびMicron Technology, Inc.はいずれも、印刷または写真における不備またはエラーについて一切の責任を負いません。Micron、Micronのロゴ、Crucial、Crucialのロゴは、Micron Technology, Inc.の商標または登録商標です。OS X、macOS、およびMacは、米国およびその他の国で登録されたApple, Inc.の商標です。Windowsは、Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標です。その他の商標およびサービスマークはすべて、その所有者に帰属します。