ごめんなさい。検索がアクティブな重要な部品番号または構成IDと一致しませんでした。

ECCメモリとは?

ほぼ全ての企業において、データの破損を解消することがミッションクリティカルです。ECC(エラー訂正コード)メモリの目的はそこにあります。ECCはコンピューターメモリの一種で、一般的なメモリデータ破損のほぼすべてを検知して修正します。 

エラーの原因は?

メモリエラーは、パソコン内の電気的または磁気的介入の結果として発生します。このような介入は、シングルビットのDRAMが自発的に反対の状態に変化する原因となることがあります。電気的または磁気的介入は、バックグラウンド放射線として存在し、標高に応じて介入が増大します。特に、宇宙船でエラーの発生率が高くなります。 

シングルビットエラーは静的です。つまり、物質的にデータに影響を及ぼすことがありません。しかし複数のメモリセルが相関しているため、シングルビットの変化による影響はシステム全体に広がる可能性があります。

ECCメモリの仕組み

ECCメモリには、余剰メモリビットと、その余剰ビットを追加のチップとモジュールで制御するメモリコントローラーが含まれます。ECCメモリは、データをメモリに書き込む際に、余剰ビットを使用して暗号化コードを格納します。それと同時にECCコードが格納されます。データが読み込まれる際に、その格納されたECCコードと、データの読込時に生成されたECCコードが比較されます。読み込まれたコードが格納されたコードと一致しない場合、パリティビットに復号化され、どのビットにエラーがあるかを判断します。エラーがあるビットは直ちに修正されます。シンドロームテーブルは、そのようなビットエラーを特定して修正する数学的な方法です。

データが処理されると、ECCメモリは特別なアルゴリズムを使用して継続的にコードをスキャンし、シングルビットのメモリエラーを検知および修正します。

ECC Crucialメモリ

利点と欠点

金融業界や科学界などの業界では、データの整合性を保つためECCメモリが不可欠です。また、ほとんどのサーバーメモリがECCメモリであるのも事実です。ECCメモリは、キャッシュの数をさらに削減します。これは、複数ユーザーのサーバーアプリケーションでは極めて重要なポイントです。 

一般的に、ECCメモリは非ECCメモリに比べて高額で、わずかに低速となる可能性があります。また、CPUやマザーボードなどのパソコン内の他のコンポーネントが、ECCメモリをサポートしている必要があります。

お使いのパソコンがデータの整合性だけでなく最大限の空き容量を必要としているなら、Crucial® ECCメモリをご利用ください。各種コンピューターメモリの詳細については、当社のガイドをご覧ください。


©2018 Micron Technology, Inc. All rights reserved. 情報、製品および仕様は予告なく変更される場合があります。 CrucialとMicron Technology, Inc.はいずれも、印刷物または写真における不備または誤りについて一切の責任を負いません。Micron、Micronのロゴ、Crucial、CrucialのロゴはMicron Technology, Inc.の商標または登録商標です。その他の商標およびサービスマークはすべて、その所有者に帰属します。