ごめんなさい。検索がアクティブな重要な部品番号または構成IDと一致しませんでした。

動画編集のための外付けSSD

動画や写真の編集の世界に足を踏み入れるのは、これまでそう簡単なことではありませんでした。機器はかさばりがちで、ソフトウェアは高価だったからです。ただ有難いことに、今日ではスマートフォンやタブレット、最新世代のデジタルカメラで素晴らしい写真や動画を撮ることができます。スマートフォン、タブレット、コンピュータを使っての編集も可能になりました。しかし、写真や動画が増えるに従い、特に4K動画ファイルで作業を行う意欲的な編集者たちにとってストレージのニーズが高まっています。

かつて、ハードディスクドライブ(HDD)は非常に遅く、ソリッドステートドライブ(SSD)は容量が十分でないか、あまりに高価でした。Crucial X8 Portable SSDやCrucial X6 Portable SSDは、手頃な価格で強力な手のひらサイズのストレージをクリエーターに提供します。Crucial Portable SSDは、遠隔での撮影でも持ち運びできるほどコンパクトでありながら、写真や動画のファイルを直接保存、バックアップ、編集を行えるほど高性能かつ高速です。

フォームファクタ

周辺機器はコンパクトであるべきだ、という人たちがいます。斬新さが重要だ、という人たちもいます。より小型で便利な機器を使いたくない、という人はあまりいないでしょう。もちろん。スタイリッシュで優れたデザインもいいですね。ただし、十分な性能を発揮することも必要です。Crucial X8とX6はデザインと機能性の両方を兼ね備えています。人里離れた地を冒険する人にとって、撮影や、旅先でのファイルのバックアップや編集をする上で、サイズ、重量、そして性能は重要な要素です。

スペースや重量を重視するクリエイターにとっては、適切なドライブ選択が成否を決めることもあります。そして、特にアクションスポーツの愛好家、野生生物の写真家、動画ブロガー、アマチュアカメラマンにとっては、持ち運ぶものの重さが大きな負担にもなり得ます。確かに、無くても問題ないアイテムもあるかもしれませんが、どんなタスクであっても必要なアイテもあるのです。わずか重量100g、サイズ11 x 1.3 x 5.3cmのX8は、簡単にポケットや手荷物の中に収まります。Crucial X6はさらに小型で、サイズは1.1 x 6.9 x 6.4cm、重さは42g未満です。 X8もX6も持っていることを忘れるほどのコンパクトサイズです。

カメラとポータブルドライブをペアリングすれば、沢山シャッターを切って、より多くのファイルを保存できます。Crucial Portable SSDにはユニバーサルな互換性があり、ほぼすべてのデスクトップやノートパソコン、MACやPC、タブレット、スマートフォンにストレージを追加し高速化します。Crucial X8およびX6は、耐落下試験約2メートルをクリアしたアルミニウム製ユニボディコアを採用し、耐震性と耐衝撃性に優れ、最も過酷な温度環境下でも動作します。Crucial Portable SSDは、冒険心旺盛なクリエイターが遭遇しうるすべての要素から発生するストレスに耐えることができます。2019年には、グリーンランドの氷原を研究する科学者たちも、極寒の地における信頼性を考慮してCrucialのSSDを採用しました。

性能

適切なストレージデバイスを選択するのは、ベテランのクリエイターでさえ難しいことがあります。どんなに大きな容量でも、最終的にはドライブの容量は一杯になります。大容量ドライブだからといって、必ずしも最速、最小であるわけではありません。ドライブの速度は、ドライブと使用しているマシンとの接続の仕方によって影響を受けます。ドライブを選択するには、何がしたいのか、そして使用している機器に関して理解しておくことが必要です。ノートパソコン、それともタブレットで編集するのでしょうか。接続にはUSB-AとUSB-Cのどちらを使うのでしょうか。Crucial Portable SSDにはアダプタが付属しているため、セットアップは簡単です。

Crucial X8の読取速度は最大1050MB/秒。これは一般的なポータブルSSDの最大1.8倍、ハードドライブの最大7.5倍の速さです。X6の読込速度は最大540MB/秒で、ハードドライブの約3.8倍の速度となっています。Crucial X8やX6なら、起動時間の短縮、即時読込み、超高速な読込/書込速度を実現してくれます。ポータブルなCrucialのSSDを現場に持ち込めば、写真や動画を高速でバックアップして、すぐに撮影や製作作業に戻ることができるのです。

自分のニーズに合わせて活用する

外出先や旅先のクリエイターにとってX8およびX6の最も優れた機能の1つは、その場でバックアップできることです。ファイルサイズ、またはビットレート、解像度によっては、ドライブから特定ファイルを直接編集することもできます。帰宅したらX8やX6をより高性能なコンピュータに接続し、ファイルをコンピュータに転送することなく編集作業を完了させることができます。この機能は、旅をしている時や複数のワークステーションから作業する場合に非常に役に立ちます。時間は貴重です。X8とX6は時間を最大限活用するお手伝いをします。

動画編集はストレージデバイスにとっては要求の厳しい用途です。動画ファイルが巨大であるということだけでなく、ソフトウェア要件にも様々な課題があります。Crucial Portable SSDは、本格的な編集用としては設計されていないものの、アマチュアクリエイターの方々が現場で追加のストレージが必要となったり、単にファイルを転送したい場合のソリューションとして使えます。ユニバーサルな互換性があり、驚くほど高速なX8やX6は、ストレージを使い始めたばかりのユーザーの機器とも問題なく機能します。しかも、機器が変わっても問題ありません。一般的に、クリエイターにはスピードが必要と言われます。Crucial Portable SSDを使えば、まずは動画編集からスピードアップできるでしょう。

作品集の数が増え続けると、ある時点でもっとストレージが必要になってきます。Crucial X8やX6を使えば、いつでもどこでも自分の作品集の保存、暗号化、転送が可能に。必要な時に、必要な場所で、必要な人と、自分の作品を転送し、共有できます。X8およびX6は必要な時に必要なオプションを与えてくれるのです。