ごめんなさい。検索がアクティブな重要な部品番号または構成IDと一致しませんでした。

SDRAM vs DDR:違いは何でしょうか?

メモリすなわちランダムアクセスメモリ(RAM)には様々な種類があります。その違いは、メモリをはじめとするコンピューターハードウェアの機能やテクノロジーによるものです。DDR RAMおよびSDRAMとは何か、両者の違いは何かについて知りたい方はぜひこの記事をご覧ください。SDRAMと様々なDDRの種類について説明しています。

メモリの世代

マザーボードに設置される2つのCrucial RAMメモリモジュール

標準メモリは、電子デバイス技術合同協議会(JEDEC)によって管理されています。これは半導体技術の業界団体であり規格組織です。新世代のメモリが開発される度に、この組織が標準規格を管理しています。

メモリは各世代ごとに速度と周波数が向上し、消費電力は減少します。パソコンの各種ハードウェアは全て接続され相互依存性があるため、他のコンポーネントでも速度が向上します。コンピューターハードウェアの詳細はこちらをご覧ください。

SDRAM

シンクロナスダイナミックランダムアクセスメモリ(SDRAM)は、他のコンピューターコンポーネントの速度の増加に対応して開発されました。パソコンの他のコンポーネントの速度が増加すると、メモリ速度も増加させる必要があります。ダブルデータレート(DDR)が開発されると、以前のテクノロジーはシングルデータレート(SDR)と呼ばれるようになりました。DDRはSDRに比べて高速な上、エネルギーの消費量が抑えられます。DDRメモリは、クロックシグナルの立ち上がりと立ち下がりの両方でデータを転送します。

SDRAMは、1988年に他のコンピューターコンポーネントの速度の増加に対応して開発されました。以前は、メモリは非同期である必要がありました。つまり、プロセッサーとは独立して動作していました。シンクロナスメモリは、メモリモジュールの応答性をシステムバスおよびCPUのタイミングに同期させています。

自らをCPUと同期させることにより、メモリモジュールはクロックサイクルを正確に把握することができるため、CPUはメモリアクセスの間に待機する必要がありません。SDRAMは1クロックサイクルに1回しか読み込み/書き込みができません。

DDR

DDRは、SDRAMの次の世代のテクノロジーとして2000年に発表されました。前のシングルデータレートメモリに比べてより広い帯域幅と速度を実現しています。DDRはクロックシグナルの立ち上がりと立ち下がりの両方、つまり1サイクルに2回データを転送します。クロック信号は、ダウンビートとアップビートの両方で構成されています。データ転送に両方のビートを使用するため、ダブルデータレートメモリは、データ転送にクロックシグナルの片方のエッジのみを使用するシングルデータレートメモリに比べ大幅に高速です。

DDRは、1クロックサイクルに2ビットのデータをメモリアレイから内部の入出力バッファに転送します。これは2ビットプレフェッチと呼ばれています。DDRの転送速度は通常266MT/秒から400MT/秒です。

ダブルデータレートは、デュアルチャネルメモリとは異なります。デュアルチャネルメモリについては、こちらをご覧ください。

DDR2

DDR2は2003年に発表されました。バス信号の向上により外部データをDDRの2倍の速度で処理することができます。DDR2は、DDRと同じ内部クロック速度で動作しますが、転送速度は、入出力バス信号の向上により高速化しています。DDR2のプレフェッチは4ビットで、DDRの2倍です。DDR2の転送速度は533MT/秒から800MT/秒に達します。

DDR3

2007年、DDR3はDDR2に比較して約40%の消費電力の低減と2倍のプレフェッチデータ8ビットを実現しました。この消費電力低減によって、より低電流、低電圧での動作が可能になりました。DDRは約2.5V、DDR2は平均約1.8Vで動作しますが、DDR3では1.5Vまで低減しています。DDR3の転送速度は800MT/秒から1600MT/秒です。

DDR4

DDR4は最新世代(2014)のダブルデータレートランダムアクセスメモリです。動作電圧は現在までで最低の1.2Vとなり、前世代より高い転送速度を達成しています。DDR4では、バンクグループを導入することにより、望ましくない16ビットのプリフェッチを回避しています。バンクグループ構成では、各バンクが他のバンクから独立して8ビットのデータを処理することができます。これは、DDR4が複数のデータリクエストを1クロックサイクル内で処理できることを意味します。

DDR4の転送速度は現在も上がり続けており、DDR4モジュールの速度は5100MT/秒に到達するだけでなく、オーバークロック時にはさらに高速度の達成が可能です。Crucial Ballistix MAXモジュールは2020年にオーバークロックの世界記録を数多く達成しています。

DDR5

DDR5メモリ(2021)は、次世代マルチコアコンピューティングシステムを実現するために、チャネル効率の向上、電源管理の改善、パフォーマンスの最適化に向けた画期的なアーキテクチャーを採用しています。DDR5の起動時の速度は、DDR4の約2倍の帯域幅となっています。また、テスト中だけでなく本稼働条件においてもチャネル効率を損なうことなく、高速でメモリのパフォーマンスをスケーリングできます。Crucial DDR5メモリは、発売時点で標準的なDDR4メモリの1.5倍の速度にあたる4800MT/秒で動作します。

SDRAM

DDR

DDR2

DDR3

DDR4

DDR5

プリフェッチ

1 - ビット

2 - ビット

4 - ビット

8 - ビット

1バンクのビット数

16 - ビット

データレート(M

100 - 166

266 - 400

533 - 800

1066 - 1600

2133 - 5100

3200 - 6400

転送速度 GB/秒

0.8 - 1.3

2.1 - 3.2

4.2 - 6.4

8.5 - 14.9

17 - 25.6

38.4 - 51.2

電圧(V)

3.3

2.5 - 2.6

1.8

1.35 - 1.5

1.2

1.1

メモリには、後方互換性がありません。

業界全体でメモリを標準化する理由の1つは、コンピューターに取り付けられるメモリの電気パラメーターと物理的形状をコンピューターメーカーが知っておく必要があるためです。メモリの各世代によって電気パラメーターが異なるため、メモリの物理的形状を変えて、間違ったメモリがコンピューターに取り付けられないようにしています。したがって、問題はSDRAMとDDRのどちらを選ぶかということではありません。コンピューターは同一の世代のメモリしか使用できないからです。SDRAM世代とDDR世代は直接交換可能ではありません。そして、システムは適切なRAMでないと動作しないのです。

お使いのパソコンに適したメモリを判断するために、Crucial® Advisor™ツールSystem Scannerツールをご利用ください。ご使用中のコンピューターに対応するメモリモジュールを、必要な転送速度と予算に合わせて判別することができます。

 

©2020 Micron Technology, Inc. All rights reserved.情報、製品および仕様は予告なく変更される場合があります。CrucialおよびMicron Technology, Inc.は両者とも、印刷や写真における誤記や脱落について一切の責任を負いません。Micron、Micronのロゴ、Crucial、Crucialのロゴは、Micron Technology, Inc.の商標または登録商標です。その他の商標はすべて、それぞれの所有者に帰属します。

関連する記事

各種RAMの説明

19-3月-2020

メモリにはさまざまな種類があり、それに複数のタイプやスピードが異なります。Crucialはお使いのパソコンに適合したメモリを選択する方法をご紹介します。

コンピューターハードウェアとは

09-4月-2021

自作PCの組み立てを検討中ですか?自作PCの作成に重要なパーツとその役割を確認しましよう。Crucialにより、自作PCの作成に必要なハードウェアについてご紹介します。

Memory buying guide

10-8月-2020

Crucialはお使いのデスクトップ、ノートPC、Apple Macに対応したメモリを取り付ける方法に詳細な手順説明を提供して、メモリについて色々ご紹介します。

Crucial System Scanner

10-3月-2021

システムストレージのアップグレードにはCrucialの多彩なSSDをご利用ください。価格、仕様、カスタマーレビューを見て、最適なデバイスを選んでください。