DCP WATCHDOG VIOLATIONエラー

Crucial P1®の使用中に「DCP WATCHDOG VIOLATION」エラーが表示されても心配する必要はありません。この問題は、以下のトラブルシューティング手順に従って解決できます。

最初の手順は、システム起動時にBIOSに入り、「SATAモード」または「SATA構成モード」を探します。そして、このモードがRAIDモードまたはAHCIモードに設定されているかどうかを確認します。 当社のSSDの推奨モードはAHCIであり、このモードでは、SSDの高速でスムーズな動作を維持するのに役立つ、TRIMコマンドなどのその他のWindows®機能を利用することもできます。 BIOSをRAIDモードに設定しているが、実際にはRAID構成されているドライブがシステムにない場合は、「WindowsでRAIDからAHCIに変更する方法」をオンライン検索して、AHCIモードに変更することをお勧めします。 これにより、通常はDPC WATCHDOG VIOLATIONエラーが修正されるはずですが、さらに設定の変更が必要な場合もあります。 以下の手順は各自の責任で行ってください。

これまででエラーまたはパフォーマンス上の問題が解決しない場合は、WindowsによるSSD電源の管理方法を変更します。この変更により、システムによってドライブ電源を突然切断されることがなくなり、 パフォーマンスと安定性に関わる多くの問題を修正できます。これは、以下の手順に従って行います。 

  • [コントロールパネル]を開く
  • [ハードウェアとサウンド]を開く
  • [電源オプション]を開く
  • [プラン設定の変更]を選択する
  • [詳細な電源設定の変更]を選択する
  • [PCI Express®]フィールドの[リンク状態の電源管理]が[オフ]に設定されていることを確認します。

[リンク状態の電源管理]を[オフ]にしたら、Intel Rapid Storage Technology®というプログラムがPCで実行されているかどうかを確認します。 このことを確認する最も簡単な方法は、タスクバーに赤色の円で囲まれたアイコンがあるかどうかを確認することです。 

タスクバーにこのアイコンがある場合、以降の手順は無視できます。問題は解決されているはずです。  PCに上記の赤色の円で囲まれたアイコンがある場合は、プログラムをダブルクリックして開きます。 [パフォーマンス]タブを選択し、[リンク状態の電源管理]を選択します。 

これが無効になっていることを確認して、プログラムを閉じます。 これで発生していた問題は解決しているはずです。 これまでで問題が解決しない場合は、当社に直接問い合わせて、サポートを受けることをお勧めします。

©2019 Micron Technology, Inc. All rights reserved. 情報、製品および仕様は予告なく変更される場合があります。CrucialおよびMicron Technology, Inc.はいずれも、印刷や写真における不備またはエラーについて一切の責任を負いません。Micron、Micronのロゴ、Crucial、CrucialのロゴはMicron Technology, Inc.の商標または登録商標です。 MicrosoftおよびWindowsは、Microsoft Corporation、または米国およびその他の国のその子会社の商標です。Intelは、Intel Corporation、または米国およびその他の国のその子会社の商標です。その他の商標およびサービスマークはすべて、その所有者に帰属します。 その他の商標およびサービスマークはすべて、その所有者に帰属します


ライブチャット
チャットオフライン