ごめんなさい。検索がアクティブな重要な部品番号または構成IDと一致しませんでした。

Storage Executiveソフトウェアでオーバープロビジョニングを実行すると予期しないエラーが発生する

Storage Executive®ソフトウェアでオーバープロビジョニングを有効にしようとするとエラーメッセージが表示される場合は、いくつかの項目をチェックして、ドライブ側がこの機能を有効にできる状態であることを確認する必要があります。 

オーバープロビジョニングをオンにするには、SSDの末尾に記載されたドライブ文字を持つ、独立したパーティションを作成する必要があります([ディスクの管理]において、オーバープロビジョニング用パーティションはドライブの右側のパーティションのうち最も離れたパーティション)。 

オーバープロビジョニング用パーティションを構成していない場合は、プライマリパーティションを少し縮小してから、ドライブの最後に[新しいシンプルボリューム]を作成する必要があります。 変更するドライブと同じドライブをアクティブにして起動すると、[ディスクの管理]でこの処理を行えないことがあります。その場合は、サードパーティのパーティション管理プログラムを使用する必要があります。 そうしたツールは、通常はWindowsではできないパーティションの変更ができます。 "無料のパーティションアシスタントプログラム"などの語句をオンラインで検索すると、この操作を行うための多くのリソースが見つかります。  

オーバープロビジョニングのパーティションをセットアップすると、Storage Executiveソフトウェアでオーバープロビジョニングを構成できます。 

©2019 Micron Technology, Inc. All rights reserved. 情報、製品および仕様は予告なく変更される場合があります。CrucialおよびMicron Technology, Inc.はいずれも、印刷や写真における不備またはエラーについて一切の責任を負いません。Micron、Micronのロゴ、Crucial、CrucialのロゴはMicron Technology, Inc.の商標または登録商標です。その他の商標およびサービスマークはすべて、その所有者に帰属します