ごめんなさい。検索がアクティブな重要な部品番号または構成IDと一致しませんでした。

Crucial Storage ExecutiveでSSDが検出されない

CrucialのStorage Executiveソフトウェアによって、Crucial SSDが検出されない事例があります。これは、システムのCrucial以外のドライブが検出される場合にも起きます。これは、チップセット/SATA(Serial Advanced Technology Attachment)のドライバーが古いか、互換性がないことが原因です。あるいは、SATAモードがIDE(Integrated Drive Electronics)またはRAID(Redundant Array of Independent Disks)のいずれかに設定されている場合にも発生します。以下に、この問題を解決する最も一般的な方法を順を追って説明します。

SATA動作モード(またはSATAモード)は、インストールされているドライブとシステムとの通信方法です。この設定を確認するには、システムの起動時にファームウェアインターフェースに入る必要があります。これは、システムによってUEFI(Unified Extensible Firmware Interface)またはBIOS(Basic Input Output System)のいずれかです。SATAモードの設定場所は、システムのメーカーとBIOSまたはUEFIのリビジョンによって異なることがあり、その場所を探さなければならないことがあります。モードの設定は、IDE、RAID、またはAHCI(Advanced Host Controller Interface)です。Crucial SSDの推奨設定はAHCIであり、これをIDEまたはRAIDに設定すると、Storage Executiveソフトウェアで検出時に問題が発生することがあります。ただし、このモードの変更は、単にAHCIを選択して変更を保存するより少し複雑で、正しく設定しないと、クラッシュしてブルースクリーンになることがります。BIOSで変更を加える前に、通常どおりにコンピューターを起動して、オペレーティングシステムを調整する必要があります。

平均的なコンピューターユーザーにとって、これらの変更は難しいかもしれません。この操作は、間違って実行するとシステムが起動しなくなるリスクがあるため、十分な専門知識を持つユーザーまたは専門家のみが行うことをお勧めします。技術的な能力面で自信があり、不具合が発生しときに新規インストールすることを厭わないのであれば、問題が発生したときのために、すべての重要なデータをバックアップすることをお勧めします。

すべての重要なデータをバックアップしたら、BIOSを変更する前にシステムのオペレーティングシステム(OS)の変更手順に従う必要があります。この手順は、各自のWindows©の バージョンの「RAIDからAHCIへの変更」を検索するだけで見つかります。変更内容は Windowsバージョンによって異なるため、必ずご使用のOSのバージョン用の手順に従ってください。OSで必要な設定を変更した後に、再起動してBIOSに入り、SATAモードをAHCIに変更し、変更を保存してから終了します。AHCIモードでシステムが再起動され、実施されたOSの変更が正しければ、システムが正常に起動します。

システムがAHCIで起動したら、次に、ご使用のコンピュータのチップセットドライバーを最新のリビジョンに更新します。これは、システム/マザーボードのメーカーのサポートサイトに公開されています。該当するメーカーのチップセットドライバーの更新手順に従って操作を行ったら、コンピューターを再起動してStorage Executiveソフトウェアを起動します。Crucial SSDが検出され、Crucialソフトウェアのすべての機能を利用できるはずです。

これまででStorage Executiveにおけるドライブ検出時の問題が解決しない場合は、当社の顧客サービスに問い合わせて、支援をうけてください。

 

©2019 Micron Technology, Inc. All rights reserved. 情報、製品および仕様は予告なく変更される場合があります。CrucialおよびMicron Technology, Inc.はいずれも、印刷や写真における不備またはエラーについて一切の責任を負いません。Micron、Micronのロゴ、Crucial、Crucialのロゴは、Micron Technology, Inc.の商標または登録商標です。MicrosoftおよびWindowsは、Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標です。その他の商標およびサービスマークはすべて、その所有者に帰属します