ごめんなさい。検索がアクティブな重要な部品番号または構成IDと一致しませんでした。

USBドライブからWindows 7をインストールするとドライバーエラーが発生する

Windows® 7以前のバージョンのWindowsをUSBドライブからインストールしようとしてドライバーエラーが発生した場合は、ドライブがUSB 3.0ポートに接続されていることを再確認してください。Windows 7以前には、USB 3.0ポートを使用するために必要なUSB 3.0ドライバーがありません。これがインストール時のドライバーエラーの原因になります。USBドライブをUSB 2.0ポートに移動することによってこの問題は解決します。

USBドライブからWindows 7をインストールする方法

  1. ドライブCのすべてのデータが保存できるUSBドライブ
  2. 正常に起動できるWindows7のパソコン

USBからWindows7をインストールする必要なものを準備したら、以下の手順に従って行ってください。ステップ1.USBメモリをパソコンにインストールし、EaseUS Todo Backupを実行してください。そして「システムクーロン」をクリックします。

ステップ2.クーロン先のディスクとしてUSBメモリを選択します。(ここでUSBメモリの空き容量は足りるかどうかをチェックできます。)

ステップ3.ウィンドウ左下のバックアップオプションで「ブータブルディスクを作成」をチェックしてクーロンを実行してください。

システムクーロンのプロセスが終わってすぐUSBメモリからWindows7を使えます。

USBメモリからWindows7を起動する場合は、まずUSBメモリをパソコンに正確に接続してください。そしてF2キーを押し続けながら、パソコンを再起動することで、BIOSに入ります。BIOSで起動ディスクをUSBメモリと指定すればOKです。


さらに問題を解決できる方法については、弊社SSDサポートページをご覧ください。

©2019 Micron Technology, Inc. All rights reserved. 情報、製品および仕様は予告なく変更される場合があります。CrucialおよびMicron Technology, Inc.はいずれも、印刷または写真における不備またはエラーについて一切の責任を負いません。Micron、Micronのロゴ、Crucial、Crucialのロゴは、Micron Technology, Inc.の商標または登録商標です。Windowsは、Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標です。その他の商標およびサービスマークはすべて、その所有者に帰属します。