デュアルチャネルメモリとは

デュアルチャネルメモリという用語はメモリ業界の一部で誤用されているため、一般にも誤解を与えている場合があります。デュアルチャネルメモリというものは実際には存在せず、あるのはデュアルチャネルプラットフォームです。

「デュアルチャネル」という用語は、正しくはメモリチャネルを2個備えた特定のマザーボード上のチップセットを指します。2個のチャネルにより、2つのモジュールの理論上の帯域幅を利用することでメモリ処理の効率を高め、システムのレイテンシー(メモリモジュール本来のタイミング遅延)を削減します。

たとえば、1つのコントローラがデータの読み取り/書き込みを行っている間にもう一つのコントローラが次のアクセスの準備をすることで、1つのメモリモジュールが読み取り/書き込み処理を繰り返すまでに生じるリセットとセットアップによる遅延を排除します。これは2人のリレー走者のようなものと考えられます。第1走者はレースの1区間を走り、第2走者は体制を整えてバトンを速やかに受け取る準備をし、受け持ちの仕事を遅滞なく遂行します。  

デュアルチャネル(またはトライ/クアッドチャネル)プラットフォームをお持ちで、そのパフォーマンスメリットを活かしたい場合は、とにかく適合するメモリセットを購入することをお勧めします。全く同じ仕様のモジュールを注文するよう、よく注意してください。最適なパフォーマンスを得るにはモジュールが同一でなければなりません。Crucialがキットで販売しているメモリは同一のものであるため、デュアルチャネルに確実に対応する最適な選択肢になります。

©2019 Micron Technology, Inc. All rights reserved. 情報、製品および仕様は予告なく変更される場合があります。CrucialおよびMicron Technology, Inc.はいずれも、印刷または写真における不備またはエラーについて一切の責任を負いません。Micron、Micronのロゴ、Crucial、CrucialのロゴはMicron Technology, Inc.の商標または登録商標です。その他の商標およびサービスマークはすべて、その所有者に帰属します。


ライブチャット
チャットオフライン