チップ密度、互換性、価格設定が 関連している理由

Crucialメモリに関して言えば、当社はできる限り低価格を維持するように努めています。しかし、他の会社がまったく同じメモリに見えるものを低価格で販売しているのを見つけることがあるかもしれません。一見すると他社の製品は当社の製品とまったく同じで、お買い得に思えるかもしれませんが、ここで考えていただきたいのです。目に見える場所ではなく、見えないところで多くの要素が関係しています。チップ密度、互換性、価格設定の複雑な関係性についてご説明します。

チップの密度および互換性

コンピューターメーカーが新しいシステムを設計、構築する際、メーカーはそのとき出回っているすべてのDRAMチップ密度に対応しようとします。何年も前、最初のPC100がリリースされたとき、手に入るDRAM密度は16Mbチップと64Mbチップのみでした。しかし、128Mbチップが設計段階にあったため、コンピューターメーカーは128Mb密度にも対応できるようにしました。

以来、チップ密度は飛躍的に向上し続け、DDR4メモリテクノロジーの発売開始に伴い、チップ密度は8Gbを上回ると予想されています。一般的に、密度の向上は2つの目的に役立ちます。まず、1つのモジュールでより優れたパフォーマンスを実現できます。また、メモリメーカーは、より大きな密度のチップに対し生産を調整し、ビットあたりのコストを削減できます。メーカーがチップあたりの密度の量を増やし、新しいプロセスに移行することで、ギガビットあたりの生産コストが低下します。

 

互換性および価格設定

ギガビットあたりの生産コストが低下する一方、メモリチップの市場価格は需要と供給によって大きく支配されているままです。高密度チップの需要が増加すると、古く、低密度のチップの需要はたいてい低下します。メモリメーカーは通常それに応じて生産を調整します。

 

低密度チップの供給が需要より早く低下した場合、これらのチップのビットあたりの価格は、新しい、高密度チップに比べると高いままとなります。このときに価格設定の矛盾が発生する傾向があります。古いシステムが、新しい、高密度かつ低価格なチップに対応できないときです。コンピューターのチップセットは元の設計に合ったメモリテクノロジーのタイプしかサポートできないため、多くのシステムは低密度の高価なモジュールしかサポートできません。

 

お得な価格で互換性のあるメモリを探す最良の方法

価格が安いということを除いてCrucial製のモジュールとまったく同一に見える他社製品を見かけたときは、考え直してください。チップ密度と互換性に関する知識がないと、低価格であっても不信に思わないでしょう。特に他の仕様が同じように見える場合、低価格の製品を魅力的に感じるのは当然のことです。しかし、システムを開き新しいメモリを取り付けても、システムで動作せず先に進めなければ、大きなストレスになるでしょう。

 

互換性を保証する最善の方法は、受賞歴のあるCrucial AdvisorツールまたはCrucial System Scannerを使用することです。いずれかの互換性ツールを使用してCrucial.comでアップグレードを選択し、ご購入いただいた場合は互換性を保証します。互換性がない場合は返金します。

Crucialの互換性ツールを使用して、当社の高度な専門知識を活用してください。Crucialは、世界最大級のメモリメーカー、Micronのブランドの1つであり、独自の立場から互換性に関する最新情報を提供します。互換性ツールでは、対応することが保証された部品のリストが作成されます。何か欠けていると、それが低価格であっても、互換性のリスクがありす。