ごめんなさい。検索がアクティブな重要な部品番号または構成IDと一致しませんでした。

コストを抑えるなら、SSDは自分で取り付けましょう。

修理店にコンピューターを持ち込んで、技術者に新しいSSDを取り付けてもらうのがいいと思うかもしれませんが、それには高いコストがかかります。1分以内に自分でSSDを取り付けられるならなおさらです。人件費から隠された利幅まで、PCショップでSSDを取り付けると高くつきます。しかも、まったく必要性がありません。

PCショップにSSDを取り付けてもらうべきではない4つの理由

  1. Crucial SSDの取り付けにコンピュータースキルは一切不要です。
    SSDの取り付けに技術的なトレーニングは不要です。またこの知識を得るために誰かに余分なお金を支払う理由はありません。さらに、PCショップがSSDの取り付けと以前のストレージドライブからのデータ転送を行う場合、数時間分の人件費を請求されることになりかねません。ショップが物理的にSSDの取り付けにかかる時間は数分ですが、新しいドライブにデータが転送されるのを1~2時間待つことになり、その時間分を請求されます。時間当たりのコストが高い上に、実際のSSDの価格を超える場合もある高い手数料を請求される可能性があるのです。
  2. Crucial SSDは数分で自分で取り付けることができます。
    古いストレージドライブを取り外し、新しいものを取り付けるのは車のオイル交換をするようなもので、システムメンテナンスの定期的な部分です。したがって、ほとんどのコンピューターメーカーは、新しいストレージドライブが簡単に取り付けられるように、システムをユーザーフレンドリーな設計にしています。
  3. 互換性のあるCrucial SSDを買いにPCショップへ行く必要はありません。
  4. System Scanner
  5. お客様が自分で面倒を減らせます。
    PCショップにSSDを取り付けてもらう場合、システムを分解し、車に積み込み、ショップに持って行き、それをまた後で取りに行き、最後に家に持ち帰って何もかも元通りにする必要があります。かなりの余計な手間と必要性のない作業ばかりです。

自分でCrucial SSDを取り付ければ、その過程で時間とお金を節約し、自信をつけ、コンピューターの仕組みについて少し詳しくなることができます。

自分でCrucial SSDを取り付ければ節約できる3つのこと

  1. SSDのコストを節約できます。PCショップはたいてい、取り付けを代行するコンポーネントの価格を上乗せします。SSDを主要メーカーから直接購入すれば、SSDの費用を節約できます。利幅を上乗せされずに済むのです。
  2. サービス料を節約できます。PCショップでSSDを取り付けてもらうと、通常高い時間給や定額の取り付け費用を請求されます。料金は店によって異なりますが、SSDアップグレードの半額にも達する場合があります(それ自体が追加費用)。自分でSSDを取り付ければ、自分でもほんの数分でできることに高い料金を支払わずに済みます。
  3. 新しいコンピューターの購入を先送りできます。多くの人が、古いシステムが遅いという理由で新しいコンピューター購入します。しかし、ハードディスクより大幅に高速なCrucial SSDでこの問題を簡単に解決することができます。新システムの何分の一かの費用で済むCrucial SSDは、お使いのコンピューターのパフォーマンスをまるで新品のように向上させます。システムの寿命が延びるので、新しいコンピューターに費用をかけ過ぎずに済みます。

今すぐSystem Scannerを使用して互換性のあるCrucial SSDを見つけ、購入しましょう。それから3分間のSSD取り付け動画を見て、その方法を学びましょう。SSDの取り付けは単純で簡単、誰にでもできると自信を持って言えます。