ごめんなさい。検索がアクティブな重要な部品番号または構成IDと一致しませんでした。

The Crucial BX100 SSD is a legacy product and is no longer available.

Click here for a current list of Crucial SSDs.

起動はほぼ瞬時。プログラムのロードは数秒で完了。そして、要求の厳しいアプリケーションを簡単に高速化。ハードドライブから移行することで、これらのすべての利点を享受できます。

2008年当社初のSSDから始まったストレージの革命は、CrucialR BX100に引き継がれています。Crucial BX100はハードドライブよりも優れたパフォーマンスとコスト効果を実現するように設計されています。先進のフラッシュメモリテクノロジーを活用し、お使いのコンピュータ環境からスピニングディスクに付随する古いストレージの制約を取り払います。Crucial BX100は、スピニングプラッターでのシーク動作ではなく、デジタル的なデータ転送によって、コンピュータのほぼあらゆる操作を高速化・効率化します。

一般的なハードドライブと比較して15倍以上高速1

Get more done in less time – or just have more fun. The Crucial BX100 SSD is over 15 times faster than a typical hard drive and delivers true 535 MB/s sequential reads on both compressible and incompressible data. By treating all data the same, the Crucial BX100 allows you to do everything quickly, regardless of whether you’re saving an image, accessing a ZIP file, or loading a video.

一般的なハードドライブと比較して信頼性も2倍以上2

Crucial BX100は一般的なハードドライブよりも信頼性が格段に優れており、Crucial BX100にデータを保存して保護できます。コンピュータ業界では、ストレージドライブの信頼性は、平均故障間隔(MTBF)で測定されます。多くのハードドライブのMTBFレーティングは60万時間ですが、Crucial BX100では150万時間であり、高い信頼性を実現しています。つまり、ドライブの信頼性が高いほど、クラッシュする可能性が低くなります。

一般的なハードドライブと比較してほぼ2倍のエネルギー効率3

これまで以上にシステムを長期間そして最大限に活用でき、消費電力はこれまでよりも少なく。Extreme Energy Efficiencyテクノロジーを採用したCrucial BX100は、エネルギー効率の点で、一般的なハードドライブを最大90%上回ります。*SSDはスピニングプラッターでのシーク動作ではなく、デジタル的にデータにアクセスするため、消費電力が大幅に小さくなっています。

一般的なSSDよりも優れた価値を実現

品質を犠牲にすることなくシステムを最大限に活用できます。Crucial BX100 SSDの転送速度は最大で535 MB/sであり、市場で最速ではありませんが、これには明確な理由があります。Crucial BX100は、市場にある数多くのSSDにはない価値を提供しながら、パフォーマンスを飛躍的に向上できるように入念に設計されています。Crucial BX100に移行し、Crucial SSDのまったく新しい価値を体験してください。

Crucial BX100 SSDの仕様

120GB4

250GB4

500GB4

1TB4

部品番号

CT120BX100SSD1

CT250BX100SSD1

CT500BX100SSD1

CT1000BX100SSD1

梱包内容

2.5" (7 mm) SSD 7 mm – 9.5 mm spacer, Acronis® True Image™HD certificate

2.5" (7 mm) SSD 7 mm – 9.5 mm spacer, Acronis® True Image™HD certificate

2.5" (7 mm) SSD 7 mm – 9.5 mm spacer, Acronis® True Image™HD certificate

2.5" (7 mm) SSD 7 mm – 9.5 mm spacer, Acronis® True Image™HD certificate

シーケンシャル読み込み(MB/s)5

535

535

535

535

シーケンシャル書き込み(MB/s)5

185

370

450

450

ランダム読み込み(IOPS)

87k

87k

90k

90k

ランダム書き込み(IOPS5

43k

70k

70k

70k

注:1GBは10億バイトです。実際に使用可能な容量は変動する可能性があります。

  1. Crucial BX100 SSDとWestern DigitalR Caviar Blue WD10EZEX内蔵ハードドライブのベンチマークスコアを比較したパフォーマンスレベルに基づきます。実際のパフォーマンスレベルは、使用されるベンチマークおよび個々のシステム構成によって異なる可能性があります。テスト環境:1TB Crucial BX100 SSDと1TB Western Digital Caviar Blue内蔵ハードドライブの両方のテストにおいて、IntelR DZ87RLマザーボード、Intel i7-4770K 3.50GHzプロセッサ、BIOS Rev. 0327、およびWindowsR 8 Pro 64ビットオペレーティングシステムでPCMark Vantage HDDテストスイートが使用されています。2014年12月にベンチマークテストを実施。
  2. 信頼性に関するデータは、1TB Crucial BX100 SSDと1TB Western Digital Caviar Blueで公表されているMTBFレーティングの値(150万時間と60万時間)を比較しています。
  3. ハードドライブ動作時平均消費電力(1TB Western Digital Caviar Blue内蔵ハードドライブの公表仕様に基づく)。
  4. ストレージ容量の一部は初期化などの目的に使用されるため、データ保存には利用はできません。1GBは10億バイトです。実際に使用可能な容量は変動する可能性があります。
  5. IOMeter®を使用し、キューの深さ32、書き込みキャッシュ有効状態で測定された一般的なI/Oパフォーマンスの数値。開封後未使用(FOB)状態を前提とします。パフォーマンス測定を目的としてSSDをFOB状態に戻すには、Secure Eraseコマンドを使用できます。システムのバリエーションによって測定結果は異なります。