Filter by:

VRがフィットネスの世界に与える影響

バーチャルリアリティのフィットネスの波が押し寄せています。

既に、数多くのフィットネスゲームがオンラインゲームやアプリで利用できるようになっています。どれも、あなたの腰をソファから持ち上げ、ジョギングやジム通いよりも楽しみながら汗を流せるよう、工夫が凝らされています。楽しければ、もっとトレーニングがしたくなる。つまり、新年の抱負を諦める人が減り、ウエストのサイズも減るのです。気に入らない理由はないでしょう?

出来過ぎた話のように聞こえるかもしれませんが、研究により、VRは健康な心づくりに効果があることが示されています。そのため、優れた医学研究者たちが、心的外傷後ストレスの治療、高齢者の知能維持、火傷患者の痛みの軽減など、さまざまな治療にVRを利用する取り組みを行っています。この分析結果を目にしたBlack Box VR社の創業者が、エアロビクスではなく、筋力トレーニングを基礎にした業界初の「VRフィットネスゲーム」を開発した理由もそこにあります。

「アスリートが痛みや逆境を乗り越えて、レベルアップに励んでいることは良く知られています。アスリートはとても強い精神力を身に付けています。VRを使って運動をする場合、脳の80%が視覚神経に集中しています。刺激が十分に強いほど、より痛みを乗り越えるのが容易になります。」と、Black Box VR社の共同創始者であるPreston Lewis氏は述べています。

ヴァーチャルリアリティは、そのアクティブな性質ゆえ、フィットネスゲームに限らず、すべてのVRゲームで何らかのエクササイズ効果をもたらします。サンフランシスコ州立大学の運動学部は、VR健康研究所を立ち上げました。ここではプレーヤーがセッションで消費するカロリーを基に、ゲームを試験・評価する手法を開発しています。

Aaron Stanton氏はシリコンバレーのエンジェル投資家かつスタートアップアドバイザーで、バーチャルリアリティと拡張現実に重点を置いていますが、このVR健康研究所にも携わっています。まもなくフィットネス業界の有力者たちの間で、VRフィットネス市場のシェア争奪戦が始まるだろう、と彼は言います。

いまから5年後、VRか拡張現実の要素を取り込まないスポーツジムは米国からなくなります。」

エアロビクスをベースにしたバーチャルリアリティゲームは、HTC ViveやOculus Riftといったバーチャルリアリティのプラットフォームで、すでに数多く利用されています。プレーヤーは、多様なゲームでワンドやグローブを使用して、パンチを放ったり、剣を振ったり、弓で矢を射るなど、カロリーを消費するアクションを行います。

しかし、重量挙げのトレーニングを模倣するゲームは市場で販売されていません。 Black Box VRは、重量挙げのゲームに挑戦したいと思っています。

同社は、今年中に自社が運営する小規模なスポーツジムをサンフランシスコで試験的にオープンする予定です。ユーザーは、個人用の部屋に足を踏み入れます。ここがブラックボックスで、そこでHTC Vive VRのヘッドセットを装着し、複数のケーブルマシンをそれぞれの身長と体力に合わせて調整します。このシステムはユーザーのトレーニング履歴を記憶し、様々なエクササイズで適切な負荷に調整します。そうしてユーザーの体力に合わせて徐々に負荷を上げていきます。ゲーム内のトレーナーが、プレーヤーにエクササイズのやり方を指導し、有効性と安全性を確保します。プレーヤーがこなせた回数が、たとえば12回の反復運動のうち6回だけだった場合、攻撃はあまり強くなりません。

「ユーザーがゲーム内でレベルアップして自分の身体を鍛え上げることで、自分の努力に報いて満足できるフィードバックループを形成することが目標です。

スラッシュアタックのレベルを上げると、ドーパミンが分泌され、ジムに通う意欲が高まります。「次回ジムを訪問する際、あなたはレベル5から あなたはレベル6にあがり、実際に重いウエイトを持ち上げられるようになっています。そしてさらにゲームで身体を鞭打つのです」

VR向けPCの仕様要件

ヴァーチャルリアリティのコンソールには、快適な操作のため、処理速度の速いPC機器が必要です。ゲーム会社が大ヒット商品をリリースするたびに、大量のRAMを必要とするシステム要件が必要になります。

OCULUS RIFT

グラフィックカード:NVIDIA® GeoForce® GTX 970またはAMD Radeon R9 290以降
CPU: Intel® Core® i5 4590以降
RAM: 8GB以上
ビデオポート: HDMI 1.3
USBポート: USB 3.0ポート2個
オペレーティングシステム: Windows® 7 SP1 以降
 

HTC VIVE

グラフィックカード: NVIDIA® GeForce® GTX 1060またはAMD Radeon™ RX 480と同等
CPU: Intel® Core™ i5-4590またはAMD FX™ 8350と同等以上
RAM: 4GB以上
ビデオポート: HDMI 1.4ポート、DisplayPort 1.2以降
USBポート: USB 2.0ポート以降
オペレーティングシステム: Windows® 7 SP1、Windows® 8.1以降またはWindows® 10

©2018 Micron Technology, Inc. All rights reserved. 情報、製品および仕様は予告なく変更される場合があります。CrucialおよびMicron Technology, Inc.はいずれも、印刷または写真における不備またはエラーについて一切の責任を負いません。Micron、Micronのロゴ、CrucialおよびCrucialのロゴは、Micron Technology, Inc.の商標または登録商標です。NVIDIAおよびGeoForceは、NVIDIA Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。 IntelおよびCoreは、Intel Corporation、または米国およびその他の国のその子会社の商標です。AMD RadeonおよびAMD FXは米国およびその他の国におけるAdvanced Micro Devicesの商標です。 WindowsはMicrosoft Corporation、または米国およびその他の国のその子会社の商標です。その他の商標はすべて、その所有者に帰属します。 この記事とここで示す見解は、ここで論じる、または言及する関係者から承認、支援、または提携を受けたものではありません。