Filter by:

Storage ExecutiveでのSSDのファームウェア更新に失敗する

Storage ExecutiveでSSDのファームウェア更新を実行しようとしてエラーが発生する場合があります。

診断

システム上の何かがStorage Executiveと干渉して、再起動の開始とその後のLinux®のファームウェア更新の起動シーケンスが読み込めなくなっています。

解決策

エラーの性質に応じてさまざまな修正または回避方法があります。Storage Executiveによるファームウェアの更新で発生した問題は、以下の事項を確認することで解決する場合があります。

  • 最新バージョンのStorage Executiveがインストールされていることを確認します。
  • 更新プログラムの開始を妨げているウィルス対策ソフトウェアを無効にします。
  • システムのBIOS設定でRAIDモードを使用していないことを確認します。RAIDでは、Storage Executiveの多くの機能をドライブで使用できなくなることが多いため、AHCIモードの方が適しています。この設定に関するご不明点はシステムのメーカーにお問い合わせください。
  • それでも自動更新プログラムが機能しない場合は、弊社ファームウェアウェブページにあるISO手動ブートファイルを使用して、SSDを手動で更新を実行してください。

©2019 Micron Technology, Inc. All rights reserved. 情報、製品および仕様は予告なく変更される場合があります。CrucialおよびMicron Technology, Inc.はいずれも、印刷または写真における不備またはエラーについて一切の責任を負いません。Micron、Micronのロゴ、Crucial、Crucialのロゴは、Micron Technology, Inc.の商標または登録商標です。Linuxは、Linux Foundationまたはその子会社の米国およびその他の国における登録商標です。その他の商標およびサービスマークはすべて、その所有者に帰属します。