Filter by:

SSDが以前よりずっと遅くなった

CrucialのSSDでは、SSDのコントローラにアクティブガベージコレクションと呼ばれるメンテナンス機能が搭載されています。アクティブガベージコレクションはバックグラウンドでドライブのクリーンアップを行う処理で、SSDに電源が供給されているときに実行されますが、データの読み取りや書き込みはアクティブに行われません。この機能は、Trim詳細はこちら)が正常に機能しない環境でSSDのパフォーマンスを維持することを目的としています。

アクティブガベージコレクションが効果を発揮するためには一定のアイドル時間が必要です。SSDにアイドル時間がない(常にデータ転送が行われている)場合、アクティブガベージコレクションはトリガーされません。また、Trimアクティブガベージコレクションはクリーンアップ処理の一部でセクター間のデータ移動の機能を利用するため、ドライブの空き領域も必要です。SSDの10%以上の領域が空いていれば、この処理が最適に実行され、最適な結果が得られます。

Trimコマンドを受け取らず、アクティブガベージコレクションが適切に実行されないSSDでは、データを削除してもドライブのセルがクリーンアップされません。このような状態が続くと「ジャンク」データが蓄積してパフォーマンスが低下し、システムがフリーズする原因になります。

SSDのパフォーマンスが低下していると感じたら、電源を入れて6~8時間アイドル状態にし、アクティブガベージコレクションを強制的に実行する必要があるかもしれません。これを実行した後はドライブの機能とパフォーマンスが復活します。

Crucial SSDでアクティブガベージコレクションをトリガーするには、以下の手順に従います。

  1. Windowsコンピューターの場合、SSDを取り付けた状態で電源を入れ、システムのBIOSまたはUEFIに入ります(BIOSにアクセスする方法については、システムメーカーのマニュアルを参照してください)。このメニューでシステムを6~8時間放置します。SSDの電源を入れた状態で何も実行や処理を行わないことにより、ガベージコレクションが実行可能になります。
  2. Mac®パソコンの場合、電源を入れたあとにオプションキーを押してスタートアップマネージャー画面に入ります。その画面でMacパソコンを放置することによりSSDに電力が供給されますが、アイドル状態が保たれるので、その間Windows®ノートパソコンのBIOSまたはUEFIと同様にガベージコレクションが機能します。
  3. 今後SSDのパフォーマンスが再び落ちるのを回避するために、電源設定を調整して、コンピューターがスリープモードに入ってもSSDの電源を入れたままの状態にし、ガベージコレクションを確実に実行できるようにすることも可能です。

Windowsの場合:

  • [コントロールパネル]を開く
  • [ハードウェアとサウンド]を開く
  • [電源オプション]を開く
  • [プラン設定の変更]を選択する
  • [詳細な電源設定の変更]を選択する
  • [ハードディスク]フィールドが[なし]に設定されるようにする(ノートパソコンユーザーは[バッテリーと電源アダプター]を選択する)

Macの場合:

  • [システム環境設定]を開く
  • [省エネルギー]を選択する
  • [可能な場合はハードディスクをスリープさせる]のチェックがオフになっていることを確認する

 

©2019 Micron Technology, Inc. All rights reserved. 情報、製品および仕様は予告なく変更される場合があります。CrucialおよびMicron Technology, Inc.はいずれも、印刷または写真における不備またはエラーについて一切の責任を負いません。Micron、Micronのロゴ、Crucial、Crucialのロゴは、Micron Technology, Inc.の商標または登録商標です。Macは、Apple, Inc.の米国およびその他の国における登録商標です。Windowsは、Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標です。その他の商標およびサービスマークはすべて、その所有者に帰属します。