Filter by:

想定どおりのベンチマーク速度を実現できない

パフォーマンスはハードウェア、ソフトウェア、およびその他のシステム構成によって異なる場合があります。以下の簡単な手順を実行することにより、SSDが適切に構成されていることを確認できます。

  1. マザーボードが対応するSATAの速度(SATA-I、SATA-II、またはSATA-III)を確認してください。これがSSDの潜在速度を制限する要因になるためです。多くの実環境でのテストにおいて、SATA Iが対応する速度はわずか100~120MB/秒、SATA-IIの場合はわずか250~270MB/秒です
  2. コンピューターがAHCIモードで実行する設定になっていること、および最新のAHCIドライバーがインストールされていることを確認します
  3. デスクトップパソコンの場合は、別のSATAポートとSATAケーブルを使用してみてください
  4. SSDに最新のファームウェアがインストールされていることを確認します。ファームウェアの更新プログラムはこちらから入手できます
  5. ドライブのパーティションが適切に整列していることを確認します。そのドライブがクローンの場合、OSを新規にインストールすることをお勧めします
  6. ドライブのインデックスとデフラグを無効にします
  7. システムBIOS、チップセットドライバー、SATAコントローラドライバーを更新します

©2019 Micron Technology, Inc. All rights reserved. 情報、製品および仕様は予告なく変更される場合があります。CrucialおよびMicron Technology, Inc.はいずれも、印刷または写真における不備またはエラーについて一切の責任を負いません。Micron、Micronのロゴ、Crucial、CrucialのロゴはMicron Technology, Inc.の商標または登録商標です。その他の商標およびサービスマークはすべて、その所有者に帰属します。