Filter by:

所有しているCrucial® SSDに不良セクターがある

Crucial SSDに多数の不良セクターがあります。交換する必要がありますか?

従来のハードドライブは多くの場合交換が必要になりますが、SSDの場合は少し異なります。フラッシュテクノロジーの性質により、SSDにわずかな不良セクターがあることは普通であり、不良セクターの数が一定である限り、気にする必要はありません。エラー/不良セクターの数をSSDでリセットすることはできません。SSDのファームウェアはすべての不良セクターを追跡し、使用不可としてマークします。そのため、ドライブに存在する不良セクターが作用することはなく、データが不良セクターに書き込まれることはありません。

SSDの不良セクター数を追跡する最も簡単な方法は、Windows®のChkDsk(check diskの短縮形)を実行することです。ChkDskはドライブをチェックした後、見つかった不良セクターの数を通知します。この不良セクター数を書き留めておき、数日後に再度ChkDskを実行します。Storage Executiveを使用してSSDの状態を監視することもできます。Storage Executiveはドライブの全体的な状態を監視する機能を備えたツールであり、無料でダウンロード可能です。これで不良セクターの数が同じであれば、問題はありません。不良セクター数が増えている場合は、お住まいの地域のカスタマーサービスにお問い合わせください。

©2019 Micron Technology, Inc. All rights reserved. 情報、製品および仕様は予告なく変更される場合があります。CrucialおよびMicron Technology, Inc.はいずれも、印刷または写真における不備またはエラーについて一切の責任を負いません。Micron、Micronのロゴ、Crucial、Crucialのロゴは、Micron Technology, Inc.の商標または登録商標です。Windowsは、Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標です。その他の商標およびサービスマークはすべて、その所有者に帰属します。