Filter by:

フォームファクタとは?

コンピューターのフォームファクタとは、ハードウェアまたはハードウェア部品のサイズや形状、物理仕様のことです。コンピューターのフォームファクタは、コンピューターシステムの物理仕様を表す目的で使用されます。フォームファクタは、接続の適合性の面で非常に重要です。

フォームファクタの重要性

コンピューターのフォームファクタの最も分かりやすい例は、デスクトップコンピューターとノートブックコンピューターの違いです。それぞれに同じ部品があるとしても、形状が異なり、取り付け方も異なります。たとえば、デスクトップコンピューターのキーボードは、ノートブックコンピューターのキーボードのスペースに収まりません。

ハードウェアのフォームファクタ設計は、より大きなハードウェア装置に使用される部品のフォームファクタ設計に依存し、その影響を受けます。部品のサイズと形状が影響を受けるように、接続と電源仕様も影響を受けます。大部分の部品メーカーは、部品が電気的、電子的に連携し、物理的に空きスペースに収まるようにするための標準化規則を設けています。

部品のフォームファクタ標準化には、非対応部品が物理的にスペースに収まらないようにすることも含まれます。たとえば、ミニUSBレシーバーのフォームファクタでは、マイクロUSBコネクタを挿入できません(その逆も同様)。2つのコネクタの電気的、電子的仕様は異なるため、誤って挿入すると、他の部品やデータが損害を受けることがあります。

フォームファクタが異なるさまざまなケーブルコネクタ

コンピューターメモリ

非対応部品の挿入を防止するために変更されているもう1つのコンピューターフォームファクタの例として、ランダムアクセスメモリがあります。各世代のコンピューターメモリは、別の世代のメモリ向けに製作されたマザーボードのスロットに挿入できないようにつくられています。電気的、電子的仕様は各世代のメモリで異なるため、非対応メモリを挿入すると動作しないばかりでなく、最悪の場合はマザーボードやプロセッサに電気的に損傷することがあります。パソコンのメモリをアップグレードするか、メモリを増設する場合は、Crucial® Advisor™ツールまたはSystem Scannerツールを使用して対応部品を入手してください。

メモリのサイズと形状は、世代の違いに加えてハードウェアの種類によっても異なります。サーバー、デスクトップコンピューター、ノートブックコンピューター、ノートパソコン、および携帯電話は、すべて異なるメモリのフォームファクタを使用します。これらのフォームファクタは、物理的なサイズばかりでなく、接続ピンの本数や構成も異なります。メモリの他の区分に関する資料はこちら。

メモリの物理的な形状が世代ごとにどのように変化してきたかを示す図

ソリッドステートドライブ

SSDにも同じ考え方があります。技術の世代おおびハードウェアの用途に応じてサイズと接続が異なります。SSDのフォームファクタに関する資料はこちら。

Crucialソリッドステートドライブ。

マザーボード

マザーボードのフォームファクタもまた、物理的なサイズや、電気および電子的な接続数と接続の種類が異なります。マザーボードのフォームファクタは比較的変化に時間がかかりますが、PCIeなどの重要な新しい接続方式が開発されると、その新しい技術がマザーボードに反映されます。

マザーボードのフォームファクタは、ハードウェア装置のサイズと、それぞれの種類のマザーボードに取り付けられると考えられるカードやドライブ、プロセッサ、およびメモリの数と種類に応じて設計されます。デスクトップコンピューターのマザーボードは、必ずと言っていいほど、ノートブックコンピューターのマザーボードと異なります。

まとめ

現在のコンピューターをアップグレードするか、またはコンピューターを購入してアップグレードする場合は、部品のフォームファクタを確認することが重要です。そうすることで、正しく取り付け、正しく機能する新しい部品を購入することができます。


©2018 Micron Technology, Inc. All rights reserved. 情報、製品および仕様は予告なく変更される場合があります。CrucialおよびMicron Technology, Inc.はいずれも、印刷または写真における不備またはエラーについて一切の責任を負いません。Micron、Micronのロゴ、Crucial、CrucialのロゴはMicron Technology, Inc.の商標または登録商標です。その他の商標およびサービスマークはすべて、その所有者に帰属します。