Filter by:

自作PCの分解から組み立てまでの手順

パソコンの処分、新しいコンポーネントの取り付け、掃除、仕組みの確認、自作PCの作成など、どのような目的であれ、パソコンを分解・再構築する方法をご紹介します。

パソコンの分解

Micronのガイドでは、パソコンの一般的な組み立て手順を説明していますが、パソコンやメーカーによっては手順が異なる場合があります。ガイドで取り上げている特定のコンポーネントへアクセスできない場合、そのコンポーネントにアクセスができるようになるまで、他のパーツを取り外す手順を先に進めましょう。

標準的なプロセスでは、コンポーネント同士を接続しているすべてのコードとケーブルを取り外してから、そのパーツをケースやフレームから取り外します。コンポーネントは特殊クリップやネジを使って、またはホルダーに差し込んで、ケースに取り付けられている場合があります。どのコンポーネントも、取り外す際にそれほど力を必要としません。コンポーネントが動かない場合は、他に固定具がないか探します。

コンポーネントのメーカーによっては、小型のプラスドライバーだけではなく、マイナスドライバーが必要になる場合もあります。パソコンケース内部の鋭利な金属でけがをしないよう、軍手の着用をおすすめします。

パソコンを再構築する場合は、コンポーネントを取り外した場所と順番、各パーツにどのケーブルが付いているかを文書で記録します。取り外す前には、写真を撮る、或いは、メモに書き留めておくとよいでしょう。ネジについても記録してください。ネジは、コンポーネントかフレームにある穴にネジ回しで取り付けなおすか、適切な場所にテープで貼って、関連コンポーネントのそばにおきます。

人が指でパソコンの塗装されていない金属面に触れて静電気を放電しているところ

 

手順2

サイドカバーのどちらか1つを取り外します(通常はパソコンに向かって右側のカバー)。サイドカバーを両方取り外すと、すべてのパーツにアクセスしやすくなります。取り外しがしやすいように、カバーにつまみネジが採用されている場合があります。

ケースを取り外して内部ハードウェアコンポーネントが露出したデスクトップパソコン

 

手順4

スタンドアロンのファンを取り外します。ファンを再使用する場合は、この段階で、埃、糸くず、ペットの毛をファンから取り除きます。

デスクトップパソコンの露出したファンから小型ブラシで埃や糸くずを取り除いているところ

 

手順5

ケーブルとストレージドライブを取り外します。通常、ストレージドライブは複数のネジで設置場所に固定されています。HDDを使用している場合、強い衝撃によって中のパーツが壊れないよう、そっと動かします。

デスクトップパソコンのストレージドライブからケーブルを取り外しているところ

 

手順6

メモリ(RAM)モジュールを取り外します。モジュールの両端のクリップを押し下げると、モジュールが飛び出し、簡単に取り外せます。モジュールを再使用する場合、チップの金色のコネクタには触らないでください。RAMを再使用しない場合、他の用途で使用する方法をご紹介していますので、こちらでご覧ください

デスクトップパソコンからRAMモジュールを取り外しているところ

 

手順7

電源装置ユニットを取り外します。残りのコネクタを取り外してから、ユニットからフレームに固定しているネジを取り外します。

手順8

マザーボードからアダプタ、または拡張カードを取り外します。これらのカードは通常、付属のスロットに差し込むようになっていますが、ネジで固定されている可能性があります。カードを再使用する場合、カードの金色のコネクタには触らないでください。

手順9

マザーボードは、すべてのケーブルを外したら、各ネジを多少ゆるめます。次にすべてのネジを完全にゆるめてフレームから取り外します。このようにマザーボードにかかる圧力を徐々に緩めることで、たわみを防止します。

これですべてのコンポーネントがパソコンケースから取り外されました。ケースを再使用する場合は、この段階で埃や糸くずをすべて取り除きます。

パソコンの再構築

パソコンを再構築する場合、取り外した順番と逆の順番でマザーボードからコンポーネントを挿入し始めます。コンポーネントを挿入する際、すべてのケーブルを接続します。大半のアイテムはマザーボードと電源装置に接続します。

これでパソコンの分解(および再構築)は完了です。


©2017 Micron Technology, Inc. All rights reserved. 情報、製品および仕様は予告なく変更される場合があります。CrucialおよびMicron Technology, Inc.はいずれも、印刷または写真における不備またはエラーについて一切の責任を負いません。Micron、Micronのロゴ、Crucial、CrucialのロゴはMicron Technology, Inc.の商標または登録商標です。その他の商標およびサービスマークはすべて、その所有者に帰属します。