Filter by:

Trimとは?

定義上は、TRIMはATAインターフェースのコマンドです。他のインターフェースではコマンドが異なり、オペレーティングシステムによっても名前が変わりますが、通常は同じ動作を「Trim」と呼びます。Trimは消去可能なデータをSSDに伝えます。名前が違っても、Trimはアクティブガベージコレクションとの併用によりSSDをクリーンアップする機能です。Trimは有益な機能ですが、必須ではありません。オペレーティングシステムによってはTrimをサポートしていないため、SSDのメーカーはTrimを使用しない前提でドライブを設計、製造、テストしています。

Trimの機能

Trimコマンドはデータが格納されている特定の領域が未使用になったことをSSDに通知します。ユーザーの観点からは、データはドキュメントから削除されていますが、SSDの情報の読み取り・書き込み方法により、ユーザーのコマンドではデータは削除されず、SSDの該当データが格納されている領域に未使用のマークが付けられます。Trimコマンドはデータが削除可能であることをドライブに通知します。次回コンピューターがアイドル状態になったとき、アクティブガベージコレクションでデータが削除されます。アクティブガベージコレクションについて詳しく知る。

Trimコマンドが存在しない場合(Windows® 7より前のバージョンの場合など)、SSDの特定のセクターに無効な情報が格納されていることは、そのセクターへの新しい情報の書き込み命令が出されるまでSSDは認識できません。その場合は既存の情報を消去してから新しい情報を書き込む必要があり、新しい情報を書き込むだけの場合より多少時間がかかります。そこで、Trimとアクティブガベージコレクションを用いることによってSSDの書き込みコマンドを高速化できます。

TrimはSSDの寿命にも影響します。毎回同じNANDセルからデータの書き込み・消去を行うと、セルの信頼性が失われます。メモリの寿命を延ばすには、各セルの使用率をおおよそ均一化する必要があります。これをウェアレベリングと呼びます。アイドル時に消去可能なセルをTrimコマンドでSSDに通知することにより、その他のデータが存在するセルと空のセルを整理し、不要な消去と再書き込みを回避することもできます。

各種のフォームファクタSSD

Trimの利点

Trimの最大の利点は、コンピューターがアイドル状態のときにSSDのデータを消去することにより処理時間が短縮されるという点にあります。これにより、書き込み処理で新規データを書き込む前に無効になったデータを削除するための余分な時間がなくなります。 

Trimとアクティブガベージコレクションを使用することで、SSDの寿命を延ばすこともできます。アクティブガベージコレクションでは関連するデータセグメントが隣り合うようにセグメントが移動されるため、ダイナミックウェアレベリングの効率が向上します。

Trimサポート

Microsoft® Windows® 7以降ではTrimをサポートしています。Trimはオフにしない限り、自動的にバックグラウンドで動作します。Trimを手動で実行する場合、またはTrimが有効になっていることを確認する場合は、SSDの[プロパティ]を表示し、[ツール]タブの[最適化]を選択します。

MacOS®とApple® SSDにはTrimとアクティブガベージコレクションが内蔵されています。MacOSの一部のバージョンでは、ソフトウェアの追加によりサードパーティ製SSDがサポートされます。Trimがサポートされているかどうかを確認するには、[option]キーを押しながらAppleメニューを選択します。[システム情報][ハードウェア]で、ご使用のストレージインターフェースの名前が見つかるまでスクロールして探します。[TRIMサポート][はい]または[いいえ]が表示されています。

多くのRAID(Redundant Array of Independent Disks)設定はTrimをサポートしていませんが、この状況は変わりつつあります。世代が進むにつれてTrimをサポートするRAIDソフトウェアが増えているので、各ソフトウェアを確認してください。

結論

Trimはドライブの速度を向上し、寿命を延ばすことができる便利なツールですが、オペレーティングシステムがTrimをサポートしていなくても問題はありません。CrucialのSSDはすべてTrimなしで使用することを前提に設計およびテストされています。


©2019 Micron Technology, Inc. All rights reserved. 情報、製品および仕様は予告なく変更される場合があります。CrucialおよびMicron Technology, Inc.はいずれも、印刷または写真における不備またはエラーについて一切の責任を負いません。Micron、Micronのロゴ、Crucial、Crucialのロゴは、Micron Technology, Inc.の商標または登録商標です。MicrosoftおよびWindowsは、Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。MacOSおよびAppleは、Apple Inc.の米国およびその他の国における登録商標です。その他の商標およびサービスマークはすべて、その所有者に帰属します。