Filter by:

S.M.A.R.T.とSSD

Self-Monitoring and Reporting Technology(S.M.A.R.TまたはSMART)は、セルフモニタリング(Self-Monitoring)、分析(Analysis)、レポート技術(Reporting Technology)を意味します。SMARTはストレージドライブの状態に関するデータを収集してユーザーに報告する監視システムであり、ドライブがピーク状態であるかどうかを確認するために便利です。SMARTの歴史、およびSMARTが発展してSSDに対応するようになった経緯をご覧ください。

SMARTの歴史

当初、SMARTはディスクドライブのメーカーがコンピューターにハードディスクドライブ(HDD)の状態を通知する手段として取り入れられました。一部のパラメーターは規定されていましたが、各ディスクメーカーは搭載するパラメーターとそのしきい値を自由に選ぶことができました。SFF(Small Form Factor)委員会(専門的な電子工業団体)は規格の策定を目指し、その活動がS.M.A.R.Tと呼ばれるようになりました。当初の標準化では監視および分析を使用・制御するためのATAホストの通信プロトコルを規定していましたが、指標や分析手法は一切指定されていませんでした。

ソリッドステートドライブ(SSD)が登場したとき、その状態通知にも同じ手法が採用されましたが、SSDの場合にはハードディスクドライブに関する情報が必ずしも適切ではありませんでした。

SMARTサポート

SMARTを通知する機能があるサードパーティアプリケーションはきわめて限られています。HDDとSSDの相違、およびドライブとコンピューター間の通信が原因で、一部のサードパーティアプリケーションでは特定のドライブまたはコンピューターに関する情報が不正確な場合があります。

多くのSSDメーカーは自社のSSDの状態を通知する専用のソフトウェアを用意しています。Crucialでは、Crucialのすべてのドライブに対して無料で使用できるStorage Executiveを用意しています。専用ソフトウェアは通知する項目をハードドライブとSSDとで混同しないため、より正確な動作が期待できます。

CrucialのSSDファミリ

SMART属性

S.M.A.R.T.の状態項目はソフトウェアによって異なりますが、最も重要な項目は「Health(健康状態)」です。この項目はエラーの解決とメンテナンスに関する全般的な情報を示します。通常は、Healthスコアの後に要注意点を示す詳細情報が表示されます。一般的なエントリを以下に示します。

  • Raw Read Error Rate—データ読み取り時のエラー数
  • Retired Blocks—ドライブの寿命中に安全にデータを保存できなくなったブロック
  • Power On Hours—ドライブの電源がオンの状態になっていた総時間数
  • Power Cycles—ドライブの電源をオフにしてから再度オンにした回数
  • Device Temperature—ドライブの現在の内部温度
  • Total LBAs Written—書き込まれた論理ブロックアドレスの数
  • Total LBAs Read—読み込まれた論理ブロックアドレスの数

メーカーの裁量によってその他の項目が追加されます。

結論

SMARTツールでSSDの健康状態をチェックできます。なるべく正確な情報を得るため、ドライブのメーカーから提供されている専用ソフトウェアを使用してください。


©2019 Micron Technology, Inc. All rights reserved. 情報、製品および仕様は予告なく変更される場合があります。CrucialおよびMicron Technology, Inc.はいずれも、印刷または写真における不備またはエラーについて一切の責任を負いません。Micron、Micronのロゴ、Crucial、CrucialのロゴはMicron Technology, Inc.の商標または登録商標です。その他の商標およびサービスマークはすべて、その所有者に帰属します。