Filter by:

SSDがビジネス生産性にもたらすメリット

最小のコストでパフォーマンスを最大化したいとお考えなら、ソリッドステートドライブ(SSD)があなたのビジネスに変革をもたらします。SSDは新品のパソコンを購入するのに比べ、僅かなコストでお使いのパソコンやサーバーのスピードを向上させます。 ハードドライブの交換方法の詳細については、こちらをご覧ください。

デスクトップPCとノートブックPCのSSD:個々のパフォーマンスを数倍に高める

SSDがビジネスにもたらすメリット。

15倍以上の処理スピードでオフィスチームの作業力を向上させる

SSDがプログラムを瞬時に読み込む:ハードドライブよりも短時間 従業員が終日パソコンを使用してマルチタスクを実行する場合、SSDのスピードがビジネスの俊敏性を高めます。SSDは、従来のハードドライブより15倍以上高速です。1

モバイル機器のバッテリー駆動時間を2倍にする

今日のモバイルワーカーは、絶えず移動しながら仕事をしており、バッテリー駆動時間による制約を受けてしまいます。SSDは一般的なハードディスクに比べ2倍のエネルギー効率を誇ります。これを例えるなら飛行機で移動する場合にノートブックPCのバッテリーがフライト中ずっと駆動し続けるか、もしくは途中で切れてしまうかというほどの差を生み出します。2

移動を想定した耐久性でデータを保護

SSDには小さな可動部品がないため、損傷に弱いハードディスクと比べ耐久性が極めて優れています。移動が多い業務の従事者は、移動中に荷物を雑に扱われることも少なくない為、耐久性は重要です。大事なクライアントへのプレゼンテーションの前にパソコンを落としたり、衝撃を与えてしまった場合には、ハードディスクが機能しなくなることもあります。しかし、SSDの構造設計であれば動作が維持されます。

顧客およびビジネスの機密データを保護

ビジネスで使用するパソコンに保管されるあらゆるものが、ハッカーや情報窃盗者にとって大きな価値を持っています。ハードディスクは、一般的にソフトウェアベースの暗号化のみをサポートしますが、これはハッキングされる可能性があります。機密データを保護するより良い方法は、SSDでハードウェアレベルの暗号化を行うことです。詳細は、こちらをご覧ください。 

サーバーのSSD:ビジネスの俊敏性を数倍に高める

SSDはノートブックPCやデスクトップPCのパフォーマンスを強化しますが、サーバーでも更に大きなパワーを発揮します。誰もが高速なアプリケーションの読み込み、高速なDBへのアクセス、そして高速なオンライントランザクション処理のメリットを享受できます。 

サーバーのSSDがビジネスにもたらすメリット。

従業員全員のデータへのアクセスを高速化する

従業員がアクセスする必要のあるファイルはサーバーにあります。しかし多数の従業員が同時にデータにアクセスしようとすると、ハードドライブの限界を超えて酷使することになります。ハードディスクをSSDに換えれば、組織の誰もが必要なデータに素早くアクセスして作業をすることができます。

仮想マシンの台数を増やす

仮想マシン、仮想化されたアプリケーション、OSがエンタープライズSSDに保管されると、その動作は劇的に速くなります。さらにSSDは、ブートストームを最小限に抑えるとともに、実行できる仮想マシンの台数を拡大します。

1分あたり45倍のデータベーストランザクションを処理

エンタープライズグレードのSSDは、Microsoft® SQL Server 2014で1分あたり250万に及ぶデータベーストランザクション、500,000を超える注文トランザクションの処理を可能にします。3 1分あたり53,220のデータベーストランザクションしか処理できなかったエンタープライズグレードのハードディスクのテスト結果と比較してみてください。4

ソフトウェアライセンスのコストを節約

既存のサーバーのパフォーマンスを向上させることにより、使用するサーバーの数を抑えられます。これにより、毎年サーバー価格の25倍以上となることも多い、サーバーごとのデータベースソフトウェアライセンスの年間コストを節約することになります。5 SSDはライセンスコストを削減するだけでなく、エネルギー効率も高く、冷却コストも減少するため、更なる節約が見込めます。


1Crucial BX100 SSDとWestern Digital® Caviar Blue™ WD10EZEX内蔵ハードディスクのベンチマークスコアを比較したパフォーマンスレベルに基づきます。実際のパフォーマンスレベルは、使用されるベンチマークおよび個々のシステム構成によって異なる可能性があります。テスト環境:1TB Crucial BX100 SSDと1TB Western Digital Caviar Blue内蔵ハードディスクの両方のテストにおいて、Intel® DZ87RLマザーボード、Intel i7-4770K 3.50GHzプロセッサ、BIOS Rev. 0327およびWindows® 8 Pro 64ビットOSでPCMark® Vantage HDDテストスイートが使用されています。結果は、2014年12月に実施された内部ベンチマークテストに基づきます。
2動作時平均消費電力は、500GB Crucial BX100 SSDと1TB Western Digital Caviar Blue内蔵ハードディスクの公表仕様を比較しています。両製品の動作時平均消費電力の評価は、メーカーのデータシートから取得したものです。
結果は、Micron® P420m SSDが、SQL Server Databaseのアプライアンスシステムとして、Microsoft® Windows 2012 R2(Data Center Edition)を実行しているDell® PowerEdge R730xdサーバー(2X E5-2690 v3 CPUs、136GB DRAM)で構成された場合の内部テストに基づきます。分かりやすくする為、Microsoft SQL Server 2014 Enterprise Editionデータファイル、tempdbファイル、ログファイルは全てP420mでフォーマットされた1つのNTFS上に置いています。単一サーバー/単一のP420m PCIe SSD構成では、160人の仮想ユーザーが1分あたり最大2,528,820のトランザクション(TPM)と1分あたり最大549,456の新規の注文トランザクションを行いました。2015年4月にテストを実施。
4128GB DRAMの2x E7-4820 v2 CPUで実行しているSQL Server 2014の外部テストに基づきます。ログファイルとデータファイルはそれぞれ4つのHDDと16のHDDに保管され、全てのログファイルとデータファイルがSSDに保管された際のパフォーマンスが比較されました。TP675.1-1503US、2015年3月の技術文書で実施されたテストに基づきます。
5Dell R730ラックサーバーの表示価格(2015年4月30日付、Dell.com表示価格)とOracle® Database Enterprise Editionライセンスの表示価格(2015年4月9日発行、Oracle Technology Global Price List)の比較に基づきます。
 


©2018 Micron Technology, Inc. All rights reserved. 情報、製品および仕様は予告なく変更される場合があります。CrucialおよびMicron Technology, Inc.はいずれも、印刷または写真における不備またはエラーについて一切の責任を負いません。Micron、Micronのロゴ、Crucial、Crucialのロゴは、Micron Technology, Inc.の商標または登録商標です。MicrosoftおよびWindowsは、Microsoft Corporation、または米国およびその他の国のその子会社の商標です。Western DigitalおよびCaviar Blueは、Western Digital Corporation、または米国およびその他の国のその子会社の踏力商標または商標です。Intelは、Intel Corporation、または米国およびその他の国のその子会社の商標です。Dellは、Dell, Inc.またはその子会社の商標です。Oracleは、Oracle Corporation、または米国およびその他の国のその子会社の商標です。その他の商標およびサービスマークはすべて、その所有者に帰属します。