Filter by:

メモリとストレージの違いは何でしょうか?

パソコンを稼働するには、メモリ(RAM)とストレージの両方が必要です。両方ともデータを保存します。違いはデータを保存する期間にあります。

メモリ、ストレージ、プロセッサ

パソコンメモリとストレージの主な違いは、まず、メモリが即時アクセスのためにデータを短期間格納する点にあります。パソコンの経時的な操作は、アプリケーションの読み込み、Webの閲覧、スプレッドシートの編集など、短時間データアクセスを使用して実行されます。メモリは、揮発性のストレージです。つまり、パソコンの電源を切るとデータが消失します。RAMの役割の詳細を見る。

ストレージ(ハードドライブまたはSSD)は永続アクセスのためにデータを長期格納します。ファイルやアプリケーション、OSにアクセスし、それらを保存するのがストレージです。ストレージドライブは不揮発性です。つまり、パソコンの電源を切ってもデータが保存されます。SSDの詳細については、こちらをご覧ください。 メモリとストレージはともにパソコンのプロセッサ(CPU)と連携して、データにアクセスしたり使用したりします。

Crucial SSDおよびRAMメモリモジュール

動作の仕組み

この3つのコンポーネントは相互に連携して、ユーザーが希望するプログラムやファイルを表示したり、変更を記録したりします。 

  1. ストレージドライブは、プログラムやファイルを永続的に保存します。 
  2. 例えば、ファイルを開く際のように、データがリクエストされると、プロセッサはストレージドライブにアクセスして長期データ(保存されたファイル)をメモリに転送し、即時アクセスを可能にします。 
  3. ファイルで作業を続けると、あるいはメールなどの他のプログラムに切り替えると、プロセッサは最初にリクエストされたストレージのデータ、あるいはストレージから転送された後、メモリのデータにアクセスして、リクエストされた対象を表示します。

データ、CPU、ストレージ、メモリが連携する仕組み。

このようなシステムのデータアクセス方法に基づくと、プロセッサがデータを利用可能な別のデータ形式に変換したり元に戻したりする速度は、メモリとストレージドライブの速度に大きく左右されます。速度の遅いメモリやストレージのコンポーネントはデータボトルネックを引き起こしかねないため、これらのコンポーネントのいずれかまたは両方をアップグレードすることが最善策となります。購入当初に比べ、パソコンの速度が遅く、応答性が悪く、鈍くなったようであれば、メモリかストレージ、まはたその両方をアップグレードして最適なパフォーマンスを得ることが推奨されます。


©2018 Micron Technology, Inc. All rights reserved. 情報、製品および仕様は予告なく変更される場合があります。CrucialおよびMicron Technology, Inc.はいずれも、印刷または写真における不備またはエラーについて一切の責任を負いません。Micron、Micronのロゴ、Crucial、CrucialのロゴはMicron Technology, Inc.の商標または登録商標です。その他の商標およびサービスマークはすべて、その所有者に帰属します。