Filter by:

サーバーメモリの3つの「C」

サーバーメモリのアップグレードは大きな投資であり、3つの「C」(Compatibility(互換性)、Confidence(信頼)、Configuration(構成))を確保することが重要になります。ここで、これら3つの基準をすべて満たし、かつそれを超えるサーバーメモリの選び方を説明します。

互換性

互換性を確保するには、Crucial® Advisor™ツールまたはSystem Scannerツールをご利用ください。互換性が保証されるモジュールを1分以内に見い出すことができます。これらのツールは、業界をリードする互換性データベースに基づき、全大手メーカーのサーバーほぼすべてにパーツをマッピングします。さらにツールは、サーバーが利用できるメモリの総容量も示します。この情報は、最大のパフォーマンスを実現するようメモリを構成するのに役立ちます。保証の互換性の面では、お使いのサーバーのメーカー保証を無効にすることなく、Crucialメモリを取り付けることができます。1  アップグレードと保証の維持の詳細を見る。

サーバーとCrucialサーバーメモリ

信頼性

互換性は最低要件に過ぎません。サーバーメモリへの投資が、より高速アクセスかつ少ないダウンタイムとして還元されるという信頼を得るには、メモリメーカーに着目する必要があります。以下の情報に基づき、メーカーの品質レベルと信頼性を詳しく調べてください。

メモリ部品の供給元は?

マイクロンなどの大手DRAM部品メーカーは、厳選された部品を調達することができます。サードパーティの組立業者は、大手メモリメーカーのように部品の品質へのこだわりがないため、メーカー選びは重要なポイントになります。Crucialはマイクロブランドです。CrucialサーバーRAMは、最高品質の部品を使用して製造および設計されています。


•使用される部品の信頼性テストと品質のレベルは? サーバーメモリは、デスクトップPCやノートブックPCのメモリに使用されるものと同じ部品を使用して製造およびテストされていますか?

サーバーのワークロードには、サーバー標準に合わせて開発され、ダイ、コンポーネント、モジュールの各レベルでテストされた部品が必要となります。CrucialサーバーRAMは、基幹サーバーの標準に応じた品質テストや、製造のあらゆる段階で十分なテストが実施されています。

•サーバーメモリの組み立てはサードパーティ製か、または部品メーカーによる全行程一貫製造か?

すべての生産行程にわたり一貫して一企業が製造したサーバーRAMは、複数業者が協業して組み立てたメモリよりも品質と信頼性において優れています。関与する輸送や業者の数が多いほど、モジュールの欠陥やシステムのダウンタイムが発生する可能性が高くなります。最適な品質と信頼性は、シリコンから完成品のモジュールまですべてをテストし、生産工程を通して監視を行い、製造工場から出荷される前に再度テストすることにより確保されます。Crucialサーバーメモリは、すべての生産工程においてMicronの自社製です。サーバーに必要なRAM容量の判断方法の詳細を見る。 

構成

構成を最適化するには、同じチャネル内の同じ密度、スピード、部品構成のモジュールを取り付けるというバランスのとれたアプローチを採用します。これにより、より安定したパフォーマンスが得られます。また、搭載されたプロセッサーの間でメモリのバランスを確保することも大切です。特定のサーバーで構成を最適化するには、サーバー仕様マニュアルに記載のチャネル数、取り付け可能なチャネルあたりのDIMM数(DPC)、各モジュールのインストール順に関する指示に従ってください。各種サーバーメモリの詳細を読む。

結論

どのサーバーにも互換性のあるメモリモジュールが存在します。しかし、満足の行くメモリアップグレード投資を行うためには、メモリが適切に製造され、そのメモリを使用することでサーバーを対象のビジネスに応じて最高のパフォーマンスを発揮するように構成できるという確信を与えるような互換メモリが必要になります。


1 Crucialサーバーメモリを導入しても、OEM保証が無効になることはありません。一部の大手サーバーメーカーは、独自の裁量に基づいて保証を無効にする権利を保有しています。


©2018 Micron Technology, Inc. All rights reserved. 情報、製品および仕様は予告なく変更される場合があります。CrucialおよびMicron Technology, Inc.はいずれも、印刷または写真における不備またはエラーについて一切の責任を負いません。Micron、Micronのロゴ、Crucial、CrucialのロゴはMicron Technology, Inc.の商標または登録商標です。その他の商標およびサービスマークはすべて、その所有者に帰属します。