Filter by:

Acronis® Imageのバックアップ/復元ガイド

標準的なクローン作成処理に関するセクター不一致エラーなどの問題は、他のソフトウェアを使用したり、クリーンインストールするなどしなくても解決する場合があります。それには、Acronis True Image® for Crucial®に組み込まれているバックアップ/復元機能を使用します。

この手順を実行すると、標準のクローン作成より時間がかかるので、定期的にクローン作成処理を利用する可能性がある場合にはお勧めできません。ソフトウェアの競合によるエラーの可能性を低減するには、Acronis用ブータブルメディアを使用してこの操作を実行することをお勧めします。この手順はWindows®でも利用できますが、このガイドで使用しているスクリーンショットはすべてブータブル版のものです。Windows®版のAcronisでは具体的な手順やメニューオプションが異なる場合があります。

  1. ホーム画面からバックアップ機能を起動するか、[バックアップ]タブに移動して[ディスクとパーティションのバックアップ]を選択します

  1. バックアップウィザードで、バックアップ処理の対象にするパーティションとドライブ文字を指定するよう要求されます。この手順で一部のパーティションを対象外にすることもできますが、通常はディスク全体を選択してコピーすることをお勧めします。それには、番号が付いたディスクエントリの左側のチェックボックスをオンにします。

  1. [Target backup archive]画面で、True Imageバックアップ(.TIBファイル)の保存先を指定する必要があります。このファイルは、古いディスクと同じ場所に新しい交換ディスクを取り付けるつもりがなければ、バックアップするドライブに保存することができます。その場合には、.TIBファイルの書き込み先となるセカンダリディスクまたはフラッシュドライブが必要になります。.TIBファイルのサイズは一般にその他のファイルシステムには大きすぎるので、.TIBファイルがExFATまたはNTFSファイルシステム向けにフォーマットされることも確認してください
  2. 保存先を指定するには、[Browse]をクリックし、ファイルの書き込み先として見つけやすいフォルダーを選択して、名前を付け(または、[Generate name]をクリックすると、自動的に名前が付けられます)、[OK]をクリックします

  1. [Target backup archive]画面に戻ると、バックアップの保存先フィールドにフォルダーとファイル名が自動的に生成されます。[Next]をクリックし(.TIBファイルの保存先がコピー元ドライブの場合は、確認のための追加メッセージが表示されます)、概要画面ですべての情報に間違いがないことを確認してから、[Proceed]をクリックして処理が完了するまで待ちます。画面上で、バックアップの完了後にシャットダウンまたは再起動するオプションを選択しなかった場合、処理の完了時にポップアップ画面が表示されます
  2. 新しいドライブを接続し、イメージをコピーする準備ができたら、[Recovery]タブを選択します。最新のイメージがイメージ一覧に自動的に表示されることもありますが、表示されない場合は[Browse for backup...]を選択して以前に.TIBファイルを保存した場所に移動し、その.TIBファイルを選択して[Recovery]タブのイメージ一覧に追加します。その後、[Recovery]タブの上部にある[Disk Recovery]ボタンをクリックします

  1. 表示された一覧から対象バックアップを選択し、[Next]をクリックします

  1. リカバリ方法の選択画面で、[Recover whole disks and partitions]を選択して[Next]をクリックし、次に[Select the items to recover]画面で、ディスク番号の横のチェックボックスをオンにして、ターゲットSSDに復元するイメージからすべてのデータを選択します。選択が完了したら、[Next]をクリックします
  2. 読み込みが完了すると、保存先を選択するウィンドウが表示されます。検出されたドライブの一覧から保存先を選択します

  1. 任意のドライブを選択できますが、フォーマットされていない新しいドライブは"Not initialized"と表示されます。空のパーティションでもデータが存在する場合は、データを消去してもよいかどうかを確認するメッセージが表示されます。[Next]をクリックしてこの確認指示を確定すると(該当する場合)、この手順の最終的な確認を行う概要ウィンドウが表示されます。[Proceed]をクリックすると復元を開始します。この処理が完了すると、ターゲットSSDをプライマリブートドライブとして使用できるようになり、バックアップの作成時と同じデータがイメージから復元されています。

©2019 Micron Technology, Inc. All rights reserved. 情報、製品および仕様は予告なく変更される場合があります。CrucialおよびMicron Technology, Inc.はいずれも、印刷または写真における不備またはエラーについて一切の責任を負いません。Micron、Micronのロゴ、Crucial、Crucialのロゴは、Micron Technology, Inc.の商標または登録商標です。Acronisは、Acronis International GmbHの登録商標です。Windowsは、Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標です。その他の商標とサービスマークはすべて、その所有者に帰属します。