ごめんなさい。検索がアクティブな重要な部品番号または構成IDと一致しませんでした。

新しい暗号通貨であるChiaは、そのブロックチェーンとストレージ容量に関連してさまざまな議論を呼んでいます。Chiaのファーミングは、HDD(ハードディスク)への依存度が高い一方で、高性能SSD(ソリッドステートドライブ)も重要な役割を果たします。ただし、書き込み容量の大きいChiaのプロトコルは、多くの市販SSDで問題を引き起こす可能性があり、プロット(耕地)のシード(種まき)を開始する前にファーマー(ユーザー)がその点を理解しておく必要があります。まず、Chia特有の課題を理解するために、Chiaと他の暗号通貨との違いを簡単に説明します。

Chiaネットワーク

ChiaネットワークはBitTorrentネットワークの開発者でもあるブラム・コーエンによって創設されました。ビットコインなどの暗号通貨はプルーフオブワークというアルゴリズム(コンセンサスアルゴリズムの一種)を使っていますが、Chiaは未使用のディスク領域を利用するプルーフオブスペースアンドタイムというモデルを使用しており、分散型ブロックチェーンとスマートトランザクションプラットフォームで効率とセキュリティを向上させるビルダーだとされています。Chiaのグリーンペーパーには、旧来のプルーフオブワークアルゴリズムは「無駄なエネルギーを膨大に浪費する割には一元的なマイニングに対するセキュリティが低い」と書かれています。

プルーフオブスペースアンドタイム

プルーフオブスペースとは、HDDの未使用スペースが、Chiaのファーミングのために確保されていることを証明する方法であると考えてください。プルーフオブタイムは、ブロック間を通過するために必要な期間を指します。VDF(検証可能な遅延関数)は、Chiaファーミングの際のプルーフオブタイムを決定します。計算に一定の時間がかかりますが、検証は高速です。VDFの基本的な特徴は、逐次計算が必要なため、複数の並列マシンを実行してもメリットがないということです。これによって電力の無駄を抑えることができると考えられ、Chiaは他の暗号通貨に代わるグリーンな代替手段として自らを位置づけています。

Chiaネットワークでは、意図して農業に例えた説明をしています。ディスクドライブの削除は畑の整理に例えられます。HDDにChiaソフトウェアをインストールすることをChiaブロックチェーンのシード(種まき)と呼びます。ユーザーのことをファーマーと呼び、ファーマーが暗号の数字をプロット(耕地)に保存し、作物の成長を待ちます。ブロックチェーンが次のブロックの課題をブロードキャストする際、ファーマーはプロットをスキャンして、ハッシュが課題に一致するかどうか(または近似しているかどうか)を確認できます。一致または近似していれば、収穫時期が来ています。

そのプロセスは宝くじに似ています。ファーマーがブロックを獲得する確率は、ネットワーク全体に対する、プロットファイルを作成している総スペースの割合に基づいています。ブロックは日々成長しています。Chiaに参加するファーマーが増えるほど、ブロックを獲得する確率は低下します。

SSD

Chiaのファーミングで重要なことは、プロットファイルを作成(プロット)するにはデータを構築、並べ替え、圧縮して最終的なファイルに保存するための一時的な記憶領域、計算、およびメモリが必要だということです。ファーマーは一般的に、SSDを使用して処理をスピードアップし、Chiaを栽培しながら、最終的に圧縮されたデータをHDDに移動します。プロットは書き込み容量の大きいプロセスであるため、ファーマーはSSDの耐久性を真剣に検討する必要があることにすぐに気づきます。コンシューマー向けSSDは、比較的負荷の軽いワークロードに最適化されているため、Chiaのプロットには適しません。代わりにChiaチームは、より耐久性の高いデータセンター向けSSDの使用を推奨しています。

Chiaのファーミングにはデータセンター向けSSDが適していますが、通常は直接コンシューマー向けには販売されていないので、購入が難しい場合があります。思い切ってコンシューマー向けSSDを使用したい誘惑にかられるかもしれませんが、簡単な費用便益分析をしてみれば、思いとどまるはずです。

「...コンシューマー向けSSDでプロットしないでください。少なくとも、各コンシューマー向けSSDでのプロットは少量にとどめてください。スチールウールでテフロン加工のフライパンを洗ったり、石鹸で野菜を洗ったり、携帯電話をドアストッパーに使用するようなものです。これはスチールウール、石鹸、携帯電話の話ではなく、ツールを適切に使用するための基本的なガイドラインです」- ブラム・コーエン、Chiaネットワーク創設者

保証

すべてのCrucial SSDには、モデルによって3年または5年の保証が付いています。この3年間または5年間の保証は、容量によって決められた最大総書き込みバイト数(TBW)を書き込んだ時点と比較して、いずれか早く到来する日まで有効です。詳しくは保証詳細をご覧ください。

Chiaファーミングの詳細は、こちらのChiaネットワークウェブサイトにアクセスしてご確認ください。